Archives : バス

バスがブレーキ故障で多重衝突事故、13人死亡 プンチャック

西ジャワ州チアンジュール県チパナス郡チロト村で4月30日、観光バスが次々に車両やオートバイと衝突し、少なくとも13人が死亡、多数がケガをする多重衝突事故があった。バスのブレーキの故障が原因とみられる。バスには南ジャカルタのクバヨラン・ラマの知事選に関する団体の職員らが乗っていた。 バスはコントロールを失って反対車線を走る車3台、オートバイ4台、乗り合いミニバン1台と衝突。チアンジュール県警察によると、この事故で13人の死亡が確認された他、17人が重傷のため病院に搬送された。現場付近ではこの事故
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

乾燥大麻30キログラム所持の男を逮捕

アチェからジャカルタに向かうバスに乗っていたハスビという60歳の男が、乾燥大麻30キログラム所持の容疑で軍の関係者に逮捕された。17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 車内で寝ているときもスーツケースをしっかりと握って離さないなど挙動不審だったハスビに乗務員が気がついたことで逮捕につながった。ジャンビ州でレストランに停車した際に乗務員がレストランの従業員に告げ、従業員が近くの軍関係者に通報した。ハスビはその場で逮捕され尋問を受け、軍関係者がスーツケースの中から多量の大麻を見
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

富裕層もバス利用を ジャカルタでメルセデスベンツの車両導入へ

ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は、富裕層の公共バス利用を促すため、独メルセデスベンツのバスを導入するという。15日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 アホック知事は「例えば、豪華な住宅に住んでいる人たちはコパジャ・バスのような古いバスを使いたいとは思わないだろう。しかし、われわれが座り心地の良い椅子を備えたバスを提供すれば、気持ちも変わる」と語った。 このため、ジャカルタ特別州はメルセデスベンツのバスを少なくとも100台導入する意向だ。 ジ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

女性専用バス 首都で初導入

インドネシアの女性地位向上運動先駆者を称えた「カルティニの日」に合わせ、4月21日にジャカルタ特別州でピンク色の女性専用バスの運行が開始した。同日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。州政府とトランスジャカルタによると、バスは南ジャカルタのブロックMバスターミナルから北ジャカルタのコタ駅までのルートを毎日運行。当面の間は2台だが、5月下旬には8台へ増加する予定だ。バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は「男性客と近距離で乗車することに抵抗を感じる女性にも、安心して利用しても
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

3イン1廃止に向けバスを拡充、ジャカルタ特別州

ジャカルタ特別州は交通規制「3イン1」の廃止に向け、トランスジャカルタのバスを拡充する意向だ。これにより輸送需要に応える方針。4日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ジャカルタ運輸局は、混雑が深刻なコリドー1(南ジャカルタのブロックM~西ジャカルタのコタ)とコリドー6(南ジャカルタのラグナン~中央ジャカルタのドゥクーアタス)に、トランスジャカルタのバス127台を投入する見通しだ。 さらに他のコリドーにも、無料バスとスクールバスを配置することになる。 またこうした取り組みで
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

公共バスなど、「寿命」を過ぎたものは引退へ

ジャカルタ州政府は、公共バスや乗り合いミニバン(アンコット)などであまりに古い車両が使われるのを抑制するために、路上走行適性確認テストを行い、これに合格した車両のみに公道での使用を認める方針を固めた。20日付けの英字紙ジャカルタポスト紙が伝えた。ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は「車両の寿命をきちんと管理する」と述べ、その寿命は単なる使用年数では無く適性テストによって判断するという考えを示した。また、この計画は州条例2014年第5号に沿うものだと説明したうえで、条
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

メトロミニ事業者が共通の組合を設立

首都ジャカルタの街中を走る公共バス、メトロミニを運営する複数の事業者が、今後予定されているPT. Transportasi Jakarta(トランスジャカルタ)との統合のために共通の組合”コペラシ・メトロポリタン・トランスポルタシ・ジャカルタ”を設立したことが分かった。24日付け英字紙ジャカルタポストが報じた。同じくジャカルタを走る公共バスのコパジャと異なり、メトロミニにはいくつかの事業主が存在する。このため、メトロミニはトランスジャカルタとの統合のための条件の一つである、独自にバスを調達できる
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news