Archives : バイク

車とバイク売り上げ下落、国の税収も減少

ここ数年、インドネシアでは車とバイクの売り上げが下落している。この状況は税収の減少に影響している。しかし、この事態を打開するため成立した2016年度政府立法60号における車検料などの料金値上げは社会に損失をもたらすといわれ、この法律は公共サービスに則っていないと批判されている。 経済財政発展研究所のフダ氏は、車検料や免許手続き料などの諸料金を値上げする理由は、税収を増やすためだと説明している。この政策は、新しい車やバイクの購入者が少なくなることによるネガティブな状況を打破するのに役立つだろうと
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ウーバーがバイク事業「ウーバーモーター」を開始

スマートフォンのアプリでハイヤーの配車サービスを提供している米ウーバーの子会社ウーバー・インドネシアは、インドネシアにおいてオジェックなどのバイクタクシーがますます利用度を高めていることに注目してバイク向け事業「ウーバーモーター」を開始した。同社は公式ブログにおいて「ウーバーモーターは経済的で信頼でき、テクノロジーに支えられた画期的な事業」と同事業を紹介している。ウーバーモーターの利用には最低料金1000ルピアが必要で、これに加えて走行キロあたり1000ルピア、乗車1分あたり100ルピアの料金が
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

国内唯一のハーレーダビッドソン正規代理店、ライセンス失効

米国の大型二輪ハーレーダビッドソンのインドネシア唯一の正規代理店マブア・ハーレーダビッドソンはこのほど、代理店免許が失効したと発表した。ルピア安に加え、インドネシア政府が製品に賦課する税金を上げるなどしたことが事業に否定的に働き、代理店免許失効に至ったとしている。7日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 マブア・ハーレーダビッドソンのドジョニー・ラフマット社長は「われわれはマブア・ハーレーダビッドソンとマブア・モーター・インドネシアが2015年12月31日付で、ハーレーダビッド
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

高架下の雨宿りバイク取り締まりへ

ジャカルタ交通警察は10日、交通が麻痺する「グリッドロック現象」を引き起こすとして、雨期入りを前に、主要道路に架かる高架橋や歩道橋の下にバイクを停めて雨宿りする行為を禁止すると発表した。ヴァレンティノ・タタレダ副局長は記者会見で、「まず別の場所に移動するよう警告し、命令に従わない場合、罰金25万ルピアを科す」と説明。レインコートを着るために短時間停止するのは問題ないとした。雨期のあいだ、警察は、交通渋滞や洪水が発生しやすい35カ所に計200人の警官を配備して交通整理にあたる。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ヤマハ、MotoGPマシンイメージの台数限定モデル

「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」発売 自動二輪の「ヤマハ発動機」(静岡県磐田市、柳弘之社長)は7月20日、249ccの水冷・直列2気筒エンジンを搭載した「YZF-R25」のシリーズとして、台数限定モデル「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を日本国内で発売した。製造は同社のグループ会社でインドネシアにある「PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing」 (YIMM)が行う。
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Find Another news