Archives : バイクタクシー

バイクタクシーの対立 縄張り尊重で鎮静化

昨年来、急速に市民に浸透したオンライン予約方式のバイクタクシーと伝統的なバイクタクシー(オジェック)の運転手の間に起こった抗争や対立がもはや過去のものとなっている。13日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 スマートフォンのアプリで配車予約ができるGO-JEKやGrab Bikeは、オジェックの運転手たちから収入の減少を招き生活を脅かすものとして猛烈な反発を受けていた。しかしながら今年2月にGO-JEKの女性運転手を侮辱したことからGO-JEKの運転手たちが東ジャカルタでオジェ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

配車アプリ式バイクタクシー、ブルージェックが営業開始

スマートフォンのアプリで配車を行う方式が人気のバイクタクシー、ゴジェックとグラブバイクに、新たなライバルが出現した。その名はブルージェック(Blu-Jek)。18日に運転手千人で本格的に営業を開始した。先行する2社とどのように闘うかが課題だが、共同創業者のガレット・カルトノ氏は首都はバイクタクシーの需要が多いので問題は無いと楽観的。ガレット氏は先行2社のサービスの問題点を洗い出し、同社はより良いサービスを実現しているとも説明している。首都では配車アプリ式バイクタクシーが人気で、世論調査会社You
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ジャカルタ特別州警察 バイクタクシー配車アプリ利用者を制限

ジャカルタ特別州警察のティト・カルナビアン調査官は、9月18日、ジャカルタのバイクタクシー配車利用者の増加について問題視していることを明らかにした。警察は、アプリ運営者と会い、この問題について討議する意向である。そもそもバイクタクシーは、公共交通機関としてはまだ正式に認められていないため、急速な使用者数増加は問題を招く可能性があるという。「バイクタクシーの交通規則は未完成。よって、今は利用者を制限してもらう必要がある。運営会社と会い、今後の方針について話し合いたい。」とティト氏は話す。討議の日程
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news