Archives : ネットサービス

ネットフリックスがイでサービス開始、2月7日まで無料

米インターネット動画配信大手のネットフリックスがインドネシアでのサービスを始動した。同社は海外事業を広げる方針で、インドネシアでの展開はこの一環だ。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ネットフリックスの共同創業者で、最高経営責任者(CEO)を務めるリード・ヘイスティングス氏は「世界展開に伴い、現在は世界の130を超える国・地域でネットフリックスのサービスを受けることができる」と説明した。 ネットフリックスは今後インドネシアでは、2月7日まで無料でサービスを提供する。その後のサ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ジャカルターでグラブ・タクシーの「グラブ・カー」サービスが始まる

タクシー配車サービスを手掛けるマレーシア系のグラブ・タクシー・インドネシア社は、現在バリでサービスを展開中のハイヤーの配車サービス「グラブ・カー」を首都ジャカルタで10日から開始した。今月末まではプロモーション期間で、クマンとスマンギ・エリアに限り、アプリにプロモーション・コード「INDONESIAKU」を入力することで無料で利用できる。スマートフォンにiOSやアンドロイド向けのGrabTaxiアプリをダウンロードして利用する。無料期間が過ぎた後は有料となるが、同社によるとバリでは初乗りが7千ル
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

グーグル翻訳でインドネシア語の”仮想現実翻訳”が可能に

米IT大手グーグル(Google)社が提供する無料の多言語翻訳アプリ『Google翻訳』にはスマホやタブレットのカメラに映った画像上の文字が別の言語に置き換わって見える”仮想現実翻訳”機能が搭載されているが、7月末のアップデートでこの機能がインドネシア語を含む27言語に大幅に拡張された。現在のところ英語とインドネシア語等の双方向で仮想現実翻訳が可能。この機能を用いると道路標識や看板、レストランのメニューなどをカメラで捉えて画像上で意味の分からない単語を英語に置き換えて見ることができる。アンドロイ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

インタースペース子会社がニュースポータルサイト運営会社と提携

インターネット広告事業の「インタースペース」(東京都新宿区、河端伸一郎社長)は7月14日、インドネシア子会社の「PT. INTERSPACE INDONESIA」が、インドネシアで最も人気のあるニュースポータルサイト「viva.co.id」を運営する「PT Viva Media Baru」と独占業務提携を結んだと発表した。「viva.co.id」内のブログネットワークに対し、成功報酬型広告(アフィリエイトサービス)の「ACCESSTRADE(アクセストレード)」を2015年7月から提供する。PT
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:

Find Another news