Archives : ヌサトゥンガラ

東ヌサトゥンガラ州で多数の自然災害が

東ヌサトゥンガラ州で、1月下旬から2月上旬にかけての2週間にわたり激しい雨が降り続いた影響で、8つの県や市で洪水や地滑りなどの自然災害が多数発生した。 クパン市では地滑りで3軒の家屋が損壊し、激しい風により樹木が倒れた。クパン県では、洪水の発生により3人が死亡した。南中部ティモール県では、4軒の家屋がトルネードにより倒壊し、北中部ティモール県では、洪水により766軒の家屋が浸水し35軒が損壊した。ブル県では、地滑りにより70メートルの長さにわたって主要道路が土砂で埋まり、11軒の家屋が洪水で水
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

見知らぬ男が小学校を襲撃 子供7人怪我

東ヌサトゥンガラ州の公立小学校に13日、見知らぬ男が侵入し子供たちを切り付ける事件が起こった。男は手にナイフを持ち、いきなり子供たちを切りつけてきたという。 現在、子供たちは現地の保健センターに搬送され、怪我の手当を受けている。子供たちの白い制服は血で染まっていたという。7人の被害者のうち1人は首を切られ、他の6人の子供たちは頬、腕、耳たぶ、指、唇に傷を負った。子供たちの年齢は10~11歳で今も精神的にショックから立ち直れないでいる。 襲撃した男は、警察が逮捕・尋問する前に付近の住民たちにリ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

西ヌサトゥンガラで地震? 家屋多数に被害

8月1日の朝、西ヌサトゥンガラ州ドンプ県でマグニチュード5.6の地震が発生し、多数の家屋に被害が出た。2日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 地震による負傷者は無かったものの、128軒の家屋が被害を受けた。同地区の災害対策局のアズハール局長によると、そのうちの27軒は深刻なダメージを受け、残りの家屋は軽微な損傷を受けたとのこと。これらの家屋は7つの村に分散していた。アズハール局長はさらに、被害を受けた住民らに対して、食料の供給と仮設の避難所を用意したと述べている。 マタラム
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

釣り中の男性 ワニに襲われ死亡

東ヌサトゥンガラ州に住む32歳の男性が、浜辺で甥と釣りをしていたところワニに襲われ死亡した。5月31日、ベル警察のアルタ氏がコンパス紙に語った。同氏によると男性は全身に重傷を負い、救助が遅かったために死亡したと見られている。 目撃者の証言によると「最初は池で釣りをしていたが、しばらくして浜辺へ移り大人の腰のあたりまで水に入って魚を釣っていた。突然、男性が助けを求める叫び声がして、見ると彼の体は浮き沈みしていた」とのこと。目撃者はすぐに駆け寄り、ワニに噛まれていた男性を何とかワニから引き離した。
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

西トゥンガラで警察とテロリストが銃撃戦、1人死亡

インドネシア国家警察対テロ部隊「デンスス88」は15日、西ヌサトゥンガラ州ビマで、テロリストと見られる男らと銃撃戦を行い、このうち男1人を射殺した上で、もう1人を逮捕した。16日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 西ヌサトゥンガラ警察のパンガストゥティ広報官によると、容疑者はテロリストのファジャルディン(別名ファリス)だとされている。また、銃撃戦により、容疑者は胸を撃たれたという。ファジャルディン容疑者らは、中部スラウェシ州ポソを拠点とするテロ組織「東インドネシア・ムジャヒデ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

全国的に貧困率が上昇、経済低迷が足かせに

インドネシア東部の東ヌサトゥンガラ州で貧困率が増加傾向にある。6日付けの英字紙ジャカルタポストが紙面で報じた。中央統計局の昨年9月時点のデータでは同州で116万530人が貧困層に分類された。中央統計局の同州支局のスアンタ局長によると、この人数は同州の人口のおよそ22.58%に相当する。また、貧困層に分類された人々の多くは同州の都市部から離れた地域に住んでいる。同氏によると、このデータは2014年の同時期よりも増加しているが、昨年の3月から9月にかけての貧困率(22.61%)に比べれば若干(0.0
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news