Archives : デング

デポックでデング熱拡大に警戒

 西ジャワ州デポック市の当局は雨期の始まりにあたり、今年もデング熱が流行するおそれがあると住民に注意を呼び掛けている。9月24日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 デポック市の保健局は住民に対して3Mと称されるデング熱対策を徹底するよう求めている。3Mはデング熱ウィルスを媒介する蚊の発生を、ゴミを埋めること(mengubur)、不衛生な水を貯めたままにしないこと(menguras)、水の入った容器には覆いをすること(menutup)で防ごうというもの。これらの行為のインドネシ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

スラカルタでデング熱の脅威が増大

 中部ジャワ州スラカルタ市で、蚊によってウイルスが媒介されるデング熱が蔓延する危険性が増している。14日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  スラカルタ市では5月の第2週に36件のデング熱感染が報告され、そのうちの3件では感染者が死亡した。今年、1月~5月までに245人がデング熱に感染し、6人が死亡している。  スラカルタ市保健局のプルティウィ氏は「感染しているのはすべて子供で年齢は3歳~6歳まで。昨年の同時期に比べて数が増加している」と話している。実際、昨年1年間の患者数
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

バリ島でデング熱広がる 感染者数が昨年より増加傾向

バリ島で今年初めからこれまでにデング熱によって死亡した人の数が38人を超えた。11日の英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 今年の感染者数は既に7794人に達し、1月から4月までのデング熱による死亡者数は28人で、昨年の20人に比べてほぼ倍の人数となっている。2014年には1月から4月の死亡者が0人で年間の死者数が17人であったことから、確実にデング熱感染者数が増加傾向にあることが見て取れる。 デング熱が広まっている原因としてバリの衛生局のスアルジャヤ局長は、住民が正しいデング熱の知識
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news