Archives : テロ対策

インドネシア テロ対策でスリランカを支援へ

インドネシア政府は、テロ対策でスリランカを支援する計画だ。8月3日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 インドネシアのジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領とスリランカのラニル・ウィクラマシンハ首相は3日、ジャカルタで会談し、安全保障や防衛に関する二国間関係を強化することで合意した。ジョコウィ大統領とウィクラマシンハ首相は今回、安全保障や経済的パートナーシップなどに関するさまざまな事柄について協議した。 ウィクラマシンハ首相は「インドネシアはテロ対策におけるロールモデルだ」
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

イと豪州、対テロ対策での連携強化で合意

インドネシアとオーストラリアは8日、テロ対策での連携を強化することで合意した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が9日付で報じた。 インドネシアのルフット・パンジャイタン調整相(政治・法務・治安)はキャンベラを訪れ、会見を行った。同相は「オーストラリアとの会合では、とりわけテロの脅威に対する取り組みと、特別プログラムの実施に向けた対応について成果が大きかった」と強調した。 パンジャイタン調整相は会合で、インドネシアがイスラム国(IS)の東南アジア地域での活動についてその位置を示すことに
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

テロ対策強化に向けて17年予算の拡大を提案、16年から50%以上増加

"国家テロ対策庁(BNPT)はこのほど、テロ対策を強化するために、2017年予算を8263億8000万ルピア(約6250万米ドル)にするよう提案した。2016年予算の5319億1000万ルピアから50%以上増やすよう求めているという。14日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 BNPTのティト・カルナビアン長官は「追加する予算は、対イデオロギー・プログラムや諜報活動に加え、インドネシア国軍と警察などに向けたテロ削減プログラムに向けて費やされることになる」と説明する。BNPTはさ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

テロ計画容疑で7名逮捕 師走の警備体制強化

インドネシア国家警察の対テロ特殊部隊は、テロ計画容疑で7名の男を逮捕すると共にイスラム過激派の隠れ家を摘発したと発表した。21日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版は、容疑者らは2002年にバリ島でテロを行ったジェマイスラミヤのメンバーであると伝えている。テロ容疑者の隠れ家は東ジャワ州モジョケルトにあり、逮捕された容疑者の証言から、中部ジャワ州のあじとにも捜索が入った。隠れ家からは爆弾製造のための装置も押収されている。警察の調べによると、隠れ家に潜伏していた容疑者はクリスマスやカウントダウ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

イは東南アジアテロ拠点 更生プログラムが急務

インドネシアの警察当局は、インドネシアは東南アジアのテロ拠点となっているとコメントした。27日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版は、その原因として更生プログラムの不足を挙げている。ジャカルタ特別州のティト警察長官は、インドネシア国内にはジェマ・イスラミヤ(JI)など過激派イスラム主義組織が複数存在し、それらの組織は近隣諸国のシンガポールやマレーシア、フィリピン、スリランカなどにも支部があるとの推測を明らかにした。またティト長官は、現在刑務所内での過激派更生プログラムの不足がテロ集団撲滅へ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

テロ集団掃討作成、国軍エリート100人派遣

インドネシア国軍は北スラウェシ州ポソでのテロリスト・グループの掃討作戦「カマール・マレオⅢ」に、エリート軍人100人を派遣した。9月28日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 今回の作戦は9月14日にスタートし、国家警察からは900人以上が参加している。国軍のエリート軍人100人は同月25日から、作戦を支援しているという。この作戦により、ポソで4年以上にわたりテロ活動を行っているテロリストのサントソ率いるグループを掃討することが目指されている。 国軍からは、国軍特別部隊の60
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news