Archives : チリウン川

チリウン川浚渫工事で杭が落下 作業員が怪我

雨期になると頻繁に洪水を起こすことから、川底の浚渫が行われているチリウン川の浚渫工事で16日、運搬途中に杭が落下し、作業員1人が負傷した。この作業員の名前は分かっていない。17日のインドネシア英字紙ジャカルタポストが報じた。 南ジャカルタのブキット・デュリで行われているチリウン川の浚渫工事で、重機を使って杭を持ち上げて運んでいたところ、杭にひっかけていたフックの1つが外れ、杭が落下した。事故を目撃したザイラニさん(34)によると、運の悪いことにこの杭が一人の作業員の右足を直撃した。作業員はショ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

チリウン川改修計画 住民の立ち退きが進まず遅延

チリウン川の改修工事により、ジャカルタの水害は軽減されると考えられている。 8月21日、地元コンパス氏に対し、チリウン・チサダネ流域管理事務所のテウク・イスカンダール所長が当改修工事における問題点を語った。この工事では、マンガライ水門から東タンジュンまでの水域を拡大する計画になっており、川幅を現在の20〜30メートルから50メートルにする必要がある。この改修を進めるためには、東ジャカルタ区カンプンプロの住民の立ち退きが必須であるという。テウク所長は、「 2013年から河川改修を開始しているが、住
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news