Archives : ターミナル3

新ターミナル 正式開業はレバラン後に

バンテン州タンゲランのスカルノハッタ国際空港で、新規開業予定のターミナル3”アルティメット”の運用開始が工事の不具合などにより遅れることとなった。空港運営アンカサプラIIは当初6月20日に運用開始を予定していたが、運輸省による検査の結果安全基準を満たしていないとして先送りとなった。不具合があったのは例えば自家発電装置で、停電時に作動しないことが分かった。また、各種の表示やエアコンにも不具合があることも分かった。14日に視察に訪れたイグナシウス・ジョナン運輸相は管制塔からの視界が部分的に他の建物に
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

スカルノハッタ国際空港 ターミナル3アルティメットが5月末に開所

今年の5月末、タンゲランのスカルノハッタ国際空港に「ターミナル3アルティメット」が完成する予定だ。年間2500万人の乗客の収容が可能となるという。運営会社である第2アンカサプラ社(Angkasa Pura II)は、シンガポールのチャンギ国際空港以上に魅力的なトランジット空港にしようとの意気込みで、現在2段階に分けて建設を進めている。5月末には第1段階の完成を目指しており、第2段階として空港から都心部を結ぶ鉄道の完成を目標としている。4月21日、第2アンカサプラ社のブディ・カルヤ・スマディ社長は
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news