Archives : タンゲラン

タンゲラン市への投資額、2016年は目標額を上回る

バンテン州タンゲラン市への投資額が2016年に6兆8600億ルピア(約5億1600万米ドル)となり、同市が掲げていた目標の6兆6000億ルピアを上回った。 タンゲラン市のアリエフ・ウィスマンシャー市長は「2016年の投資受入額は目標の100.68%になった」と説明。さらに「行政のワンストップ統合サービスによる迅速なサービスを受けて、タンゲラン市への投資は継続して伸びている」と強調した。タンゲラン市では現在、投資関連の44種類の許可についてワンストップ統合サービスで対応しているという。 タンゲ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

サッカーサポーターが衝突 少年1人が死亡

バンテン州タンゲランの路上で、地元サッカーチームのサポーターらが乱闘騒ぎを起こし、15歳の少年が死亡する事件があった。 タンゲラン警察によると、事件が起こったのは地元のサッカーチームのペルシタとスカディリの試合が終了した後。試合が行われたスカディリのホームであるスカディリ・マウク・サッカー場から同チームのファン50人が3台の公共バスに分乗して帰宅しようとしていたときだった。そこに待ち伏せていた正体不明のグループが現れ、ペルシタのサポーターらと乱闘騒ぎになったとのこと。 この暴動の最中にフェル
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

借金が原因か 妊娠中の妻を殺害 計画殺人罪で終身刑

バンテン州タンゲラン市にあるホテルの1室で1月15日、揚げ物売りの男(27)が妻(35)を殺害した。妻は妊娠8ヵ月で胎児の死亡も確認された。殺害当日、妻の身分証明書を使いホテルの部屋を借りていることから、すでに男には殺人の計画があったと推測される。 夫婦は部屋で話をして過ごし、ポルノ映画を見た後に男は妻の首を絞めて殺害。現場検証を行った捜査官によると、男の妻は30分間首を絞められたことで窒息死したという。その後男は妻の首にタオルを巻き、枕で顔を覆うと妻の遺体を見ながら喫煙。妻の携帯電話や所持金
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

拳銃所持で19歳少年を逮捕 南タンゲラン

バンテン州南タンゲラン市フィラ・ダゴで1日、19歳の少年が拳銃を所持していたとして逮捕された。 当時、少年はガソリンスタンドでバイクを停車し、恋人の少女と一緒にいた。現地警察広報によると、付近をパトロール中の警察官が、夜9時過ぎに少年が少女と一緒にいたため条例違反を疑い、任意の上少年のボディチェックと所持品検査を行った。その際、ジャケットの中から1丁のアメリカ製の短銃と10個の銃弾が入った黒い布袋を発見。調査したところ、うち9個は使用可能な実弾で、1個は火薬が入っていない加工品の弾薬筒であった
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

テロリスト 3人銃殺1人逮捕 タンゲラン

バンテン州南タンゲラン市セトゥ郡の借家で12月21日、3人のテロリストが国家警察対テロ特殊部隊(デンスス88)と銃撃戦の末、射殺された。 先に逮捕されたアダム容疑者の証言からデンスス88は隠れ家の借家へ向かい、中にいたテロリストに降伏するように要求するもこれを拒否。逆に爆弾を投げて抵抗してきたため、デンスス88が突入した。爆弾は不発だった。 射殺されたのは、オーメン、ヘルミ、イルワンの3容疑者。逮捕されたアダム容疑者の証言によると警察官を刺殺し、人が集まって来たところで爆弾を爆発させる計画だ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

1000世帯の家屋浸水 タンゲラン

一晩中降った雨が原因で、バンテン州タンゲラン市ペリウック区が洪水に襲われた。水位は2メートルまで上昇し、多くの家屋が浸水した。その数は約1000世帯に上り、同市のイルマン・プジャヘンドラ地方防災局長によると、家屋の屋根の部分にまで水位が上がったため、約800世帯がすでに仮の避難所へ移っているという。 洪水の被害にあった人たちは、体育館、モスク、簡易設立されたテントへとゴムボートに乗って避難している。犠牲者の大部分は女性や子供たちだという。なお、今後タンゲラン警察署長と市長が現地を視察する予定と
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

タンゲランで洪水 住民が避難

9月26日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じたところによると、バンテン州タンゲランで24日の夜に激しく降った雨のため、翌25日に大規模な洪水が起こった。 チルドゥック・インダーにある住宅地でも多くの家が浸水したため、住民が避難を余儀なくされた。タンゲラン警察のイルマン・スグマ署長によると、警察はカヌー4艇を用いて住民を避難させたとのこと。避難場所のモスクで住民と会話を交わしたイルマン署長は、午前1時頃から浸水し始め、水深が70センチメートルの高さにまで達したと地元メディアに対して
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

刑務所の刑務官が囚人に覚せい剤を調達

バンテン州タンゲランの警察は、刑務所内に覚せい剤を持ち込んだ容疑で刑務官を逮捕した。10日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 逮捕されたのはタンゲラン刑務所の刑務官で、覚せい剤である結晶メタンフェタミンを受刑者のために刑務所内に持ち込んだ疑いがある。タンゲラン警察のスグマ署長が9日に明らかにしたところによると、刑務官のロッカーの中から100グラムの結晶メタンフェタミンが見つかり、刑務官をを問い詰めたところ、覚せい剤を刑務所内に持ち込む手助けをしていたと白状したとのこと。 同
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

「強姦犯に死刑を」、バンテン州で市民が集会

バンテン州タンゲランで7日、数百人がタンゲラン地方裁判所の前に集まり、5月17日に女性(24)が強姦され殺害された事件の容疑者3人に対して死刑を適用するよう求めた。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が同日付で報じた。 集まった人の多くは、被害者の親族や隣人も含まれる。これに参加したクスナディさんは「容疑者に死刑判決を求めるため、ピックアップトラック10台でここまで来た」と説明した。 裁判は7日の午後1時からだったというが、人々はタンゲラン地方裁判所に午前10時には集まっていた。 被害
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

少女が実の父親に誘拐される タンゲラン

タンゲラン市に住む8歳の少女、エブリン・ティアンディさんが5月17日に誘拐された。事件発生直後、エブリンさんの母親、リタさんは、タンゲラン警察と国家子供保護委員会に通報。事件は、タンゲラン市チクパ区内の自宅で発生した。母娘が自宅の庭にいたところ、複数の男が押し入り、リタさんを押しのけてエブリンさんを連れていったという。 母親は、エブリンさんの実父が計画した犯行だと警察に訴えている。この話から、警察は、エブリンさんの父親、ブディマン・ティアンディが犯行に及んだと見て捜査を進めている。6月6日、タ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news