Archives : タナアバン

交通違反取締りに逆上 警官に暴行

警視庁タナアバン署は、中央ジャカルタ・タナ・アバンのパルメラ駅付近の踏切で4日夜、交通ルール違反を注意されたことに腹を立て、警視庁交通パトロール隊の警官を殴ってけがを負わせたとして、オートバイを運転していた26歳のインターネットメディア記者を暴行罪で逮捕した。警察によると、右左折禁止の道路標識がある場所で曲がろうとした男を警官が強く咎めたところ、悪態をつきながら注意を無視して進み、少し先にオートバイを停車させた後、警官に近寄って顔や足を殴った。その場に倒れた警官にさらに暴行を加えたとみられる。警
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

バス運転手、前方不注意で歩行者を死亡させる タナ・アバン

中央ジャカルタ警察のヘンドロ・パンドウォ氏は、1月1日にタナ・アバンでマヤサリ・バスの23歳の運転手が前方不注意で歩行者を引き、死亡させてしまったことを明らかにした。運転手は、当時、プロ・ガドゥンからタナ・アバン行きのバスを運転しており、タナ・アバンで乗客を降ろし、徐行している際に起きた事故だった。被害者の歩行者は42歳。「事故が起きた時、運転手は前方をきちんと確認できていなかった。その時、運悪く前を横切る婦人が数人がいた。婦人は即死でした。」と、同日、ヘンドロ氏が地元コンパス紙に語った。現在、
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news