Archives : セクハラ

セクハラの運転手 SNS拡散で取り調べ

SNSがきっかけとなり、運転手の男が警察からセクハラ容疑で取り調べを受けた。8月25日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 男にかけられた容疑は、運転手を務める家庭の10代の少女が後部座席で足を広げて座っていたところ、下半身を撮影したというもの。車はその時ちょうど渋滞の真っただ中にあった。別の車を運転していた人物がその一部始終を記録し、SNS上で動画を公開したところ、瞬く間に拡散し、取り調べに至ったという。しかし被害者の両親が娘に、さらなる調査を望むか確認したところ拒否したため
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ガルーダ機内でCAにセクハラ ジャカルタ―ジョグジャ便

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空でキャビンアテンダント(CA)として働く女性が、同社の5月25日のジャカルタ―ジョグジャカルタ便で、乗客からセクハラを受けたと訴えた。28日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ガルーダ航空の広報担当者、ベニー・ブタルブタル氏は28日、この便で乗客から女性CAへのセクハラがあったことを認めた。同氏は「こうした事件が起きて非常に残念だ。ガルーダ航空のCAは乗客に丁寧に接している。しかし、それはプロとしてのことだ。CAの丁寧さを勘違いすべ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

子ども対象にセクハラに関する授業実施、北ジャカルタ

 北ジャカルタ家族計画・女性・コミュニティ・エンパワーメント・ボディ(BPMPKB)は21日、小中高生250人を対象に、セクシャルハラスメント(セクハラ)に関する授業を行った。子どもたちにセクハラについて伝えることで、セクハラやポルノなどから子どもたちを守る目的だ。22日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 BPMPKBのバハルディン代表は「子どもたちがセクハラの被害者になるケースは少なくなく、今回のキャンペーンは危険に対する子どもたちの認識を高めることを目的に行った」と説明。
post in Uncategorized Tagged:,

トランスジャカルタ運転手が同僚にセクハラ

中央ジャカルタ警察は、同僚の女性職員に対してセクシャルハラスメントを行ったとして、トランスジャカルタの運転手を指名手配している。3日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 女性職員はセクハラを行った運転手と一緒に仕事をしていたところ、運転手からセクハラを受けたことから、警察に通報した。女性職員が運転手の近くにあった自分の財布をとろうとした際、運転手が女性職員の性器を触るなどしたようだ。 トランスジャカルタではこのほか、女性客らが痴漢行為を受けるケースが続いている。 こうした中
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

Find Another news