Archives : スカルノ・ハッタ

新たな鉄道線の計画が浮上 スカルノ・ハッタ国際空港

バンテン州タンゲランのスカルノ・ハッタ国際空港と首都ジャカルタを結ぶ鉄道路線に、現在建設中で来年7月に開通する予定の路線に加えて、新たにもう一路線を建設する案が浮上している。 国営鉄道KAIのエディ・スクモロ社長によると、現在建設中の路線の終着駅となるマンガライ駅の混雑を緩和するのが目的。新たな路線は同空港と北ジャカルタのコタ駅を結ぶ予定。マンガライ駅から同空港までは38キロメートルあり55分かかるが、コタ駅からは29.5キロと距離が短く、利便性が上がるとのこと。6両編成の列車10本での運行を
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news