Archives : シリア

シリアで軍事活動に参加か、男3人を逮捕

インドネシア国家警察はこのほど、シリアから送還されたインドネシア人の男3人を逮捕した。3人はシリアで軍事活動に参加しようとした疑いが持たれている。 逮捕された3人はお互いには面識はなかったとみられ、12月5日にシリアで逮捕された。3人はその後、トルコのイスタンブールにある空港からインドネシアに強制送還された後に、スカルノハッタ国際空港でインドネシア警察の対テロ部隊「デンスス88」によって逮捕されたという。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

強制送還された210人の海外労働者 イスラム国に関連

インドネシア海外労働者派遣・保護庁は、2015年に海外6カ国で働いていた210人のインドネシア人がイスラム国の活動に関与していたことを明らかにした。そのうち193人は、シリアに武器を持って移動するのではないかという疑いをもたれ、トルコから強制送還された労働者だ。強制送還されたインドネシア人は、国家テロ対策庁と国家警察対テロ部隊(DENSUS88)で脱過激派思想のプログラムを受けている。インドネシア海外労働者派遣・保護庁のイクバル氏は、1月11日、「193人のうち、ほぼ全員がシリアに渡ろうとしてい
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

イ人労働者33人がシリアから帰還

シドキ在ダマスカス・インドネシア大使館報道官は13日、このほど、内戦が続くシリアから新たに33人のインドネシア人出稼ぎ労働者を本国に帰還させたと発表した。今回の帰国便は、首都のダマスカス空港発。同空港を使用した帰国便は、救出活動を開始した11年以降、初めて。政府は、戦闘の影響で度々封鎖されるダマスカス空港を避け、隣国のレバノン、ヨルダン、トルコに救出用の航空機を派遣してきた。11年9月にシリアへの出稼ぎ労働者の派遣を禁止して以降、これまでの4年間、計265回の輸送で11,988人の自国民を救出し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news