Archives : システム障害

BRIのATM 1パーセントにシステム障害

国営のPTバンク・ラクヤット・インドネシア(BRI)は、2015年にシステム障害が発生したATMが227台あったことを明らかにした。これは全体の1パーセント程度であるという。システム障害の原因として、老朽化だけでなく、部品の調達遅延や停電によるネットワークシステムの問題、ATM内の現金不足などが挙げられている。アスマウィ・シャム頭取は、「弊社のATMは全体の99パーセントしか正常に機能していなかった。」と認めながら「しかし、他の銀行のATMの稼働率は96パーセントから97パーセントである。それに
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news