Archives : コーヒー毒殺

毒入りコーヒー事件 被害者の夫が記者を提訴

中央ジャカルタで1月に起こった青酸カリ入りアイス・コーヒー毒殺事件に関して、死亡した被害者のワヤン・ミルナ・サリヒンさんの夫、アリエフ・スマルコさんが記者を警察に訴えていたことが分かった。 アリエフさんはバリンド・タブロイドの記者アミル・パパリアさんが、自らが事件の前の日に店のウェイターに金品を渡していたと非難していることに対して、事実無根だとして同氏を訴えた。アミル記者は、アリエフさんに似た男がウェイターに似た男にビニール袋入りの小包を手渡しているのを目撃したと主張している。これに対し、アリ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

Find Another news