Archives : コーティング加工設備

インドネシアで建築用ガラスの遮熱性能を高めるコーティング設備を新設

AGC旭硝子は、9日、インドネシアの連結子会社アサヒマス板硝子社のチカンペック工場に、建築用ガラスの遮熱性能を高めるコーティング加工設備を新設したと発表した。設備投資額は約40億円、生産能力は年間約600万平方メートル。2018年第2四半期より生産を開始する予定。 建設ラッシュが続くインドネシアをはじめ東南アジアでは、燃料の輸入増加や電力不足などで省エネ性向上が課題となっており、インドネシア政府は年間を通じて冷房を使用するビルなど大型建築物での省エネ化を推進している。遮熱性能を高めるLow-E
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Find Another news