Archives : クリンチ山

クリンチ山周辺 大晦日の登頂が禁止に

先月およそ3年半ぶりに噴火した西スマトラ州のクリンチ山(標高3805メートル)で、大晦日を山頂で過ごす予定にしていた多数の登山者が予約のキャンセルを余儀なくされている。クリンチ山はインドネシアで最も高い山で、毎年多くの登山者が年末年始の登頂を楽しみにしている。 クリンチ山で観光局を運営しているランガさんは1日、「最近の火山活動の活発化のせいでたくさんのキャンセルが出た。」と残念そうに話す。また、大晦日だけでなく、12月下旬から年初にかけての同山でのハイキングも規制されたため、同局はハイキングプ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

クリンチ山の火山活動が活発化

スマトラ島のクリンチ山の火山活動が活発化している。8日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 クリンチ山は西スマトラ州とジャンビ州との境にあり、標高は3805メートル。ここ数日火山灰を噴出し続け、火山周辺の集落の家の屋根は毛布をかぶったかのような光景になっている。周辺の村の村長は、住民が中央政府に対して現状を把握するために視察に来てほしいと要望しており、また、住民は政府にマスクの配布も求めたと述べた。「大人は我慢できるが、火山灰から硫黄の臭いがするため子ども用のマスクが必要だ」と
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news