Archives : カンプン

ブカシ市カンプン・サワ 宗教的寛容さを評価される 

8月1日、ブカシ市内で内務省村落開発庁(BPM)の政策事業である村落コンテストが行われた。同省村落開発委員会作業班のデイヴィッド・ヤマ局長は、ブカシ市ジャティムルニ町のカンプン・サワを宗教間の調和がとれた優れた村落であると高く評価し、今後、国レベルで模範的なカンプンの例として全面的に押し出していくと表明した。 カンプン・サワは、歴史的にイスラム教徒とキリスト教徒が助け合って生活している地域である。コンテストの審査チームは、宗教間の対話が日常的に実践されていることだけでなく、村民の情報源となる地
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news