Archives : オーバーラン

ガルーダ機がオーバーラン 多数の利用客に影響

ジャカルタ発ジョクジャカルタ行きのガルーダインドネシア航空のボーイング737-800型旅客機が、1日の午後7時42分頃、ジョクジャカルタのアディスチプト空港に着陸する際、滑走路をオーバーランし、空港が閉鎖される事故があった。乗客123人と乗員7人にケガなどは無かった。 同社の広報担当副社長によると、事故当時は強い雨が降っており、滑走路が滑りやすい状態になっていたとのこと。機体が動かせない状態が続いたことから、同空港は翌日の午後2時半まで閉鎖され、多くの利用客に影響が出た。 同空港と各地を結ぶ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ウィングエア オーバーラン 乗員乗客けが人なし

12月25日午後6時45分頃(現地時間)、格安航空ライオンエア傘下のウィングエア社の飛行機が、中部ジャワ州スマランのアフマド・ヤニ空港の滑走路で着陸直後にオーバーランをした。バンドンからスマランまで飛行した後だった。豪雨と強風の中、最終着陸態勢に入ったが滑走路右側へとスリップ、機体が滑走路から滑り出るオーバーランとなった。 この事故で飛行機の右側のタイヤが破損。4人の乗員と48人の乗客に怪我はなかったが、数人がショックを受け医療チームに手当をされた後に帰宅した。このためスマラン発着のフライトは
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ライオン航空がオーバーラン、スラバヤ

東ジャワ州スラバヤのジュアンダ空港で20日午前11時ごろ、バリックパパン発スラバヤ行きのライオン航空JT263便(ボーイング737型)が着陸に失敗し、オーバーランした。前輪が滑走路から2メートル外に出た形で停止した。乗客、乗員にけが人はない。事故の影響でジュアンダ空港は午後3時30分まで閉鎖された。これにより、スラバヤに到着予定だった7便が目的地をバリに変更。バリ発スラバヤ行きの4便にも遅れが生じた。事故当時は断続的に雨が降り、濡れた滑走路に水たまりができていた。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news