Archives : オートバイ

路上の穴をよけようとして女性が死亡 ブカシ

西ジャワ州ブカシで1日、オートバイに乗っていた女性がトラックと接触し、転倒後に轢かれ死亡する事故があった。死亡したのはブカシに住むエンダン・スルピアティニンシさん(46)。 目撃者によると、エンダンさんがトラックを追い越そうとしたところ、前方の道路上に穴があることに気付いた。エンダンさんがとっさに穴をよけようとしたところ、トラックと接触してしまい路上に転倒。エンダンさんは運悪くトラックの車輪に轢かれ、死亡した。即死だったという。 ブカシ市の公共事業局では、道路の改修については西ジャワ州当局が
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

オートバイとバスが衝突 オートバイ運転手が即死

南ジャカルタ・プサングラハン郡のチルドゥック・ラヤ通りで17日、オートバイがバスと衝突し、オートバイの運転手が即死する事故があった。19日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 南ジャカルタ警察のプルワンタ広報担当官によると、オートバイの運転手はアフマッド・タウフィクさん(36)で61歳の父親のアブドゥロさんと2人乗りをしていた。アフマッドさんらは学校の前を通り過ぎたあたりで、チルドゥック―カンプン・ランブータン路線のマヤサリ・バクティのバスと衝突した。アフマッドさんは即死だった
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

歩道はオートバイのものじゃない 声を上げた少年に喝采 スマラン

中央ジャワのスマランに住むある男の子の勇気ある行為がソーシャル・メディアで評判になっている。男の子名前は、ダッファ・ファロス・オクトヴィアルト君。小学校4年生だ。ダッファ君は自転車に乗りながら、歩道を通ろうとしていたオートバイを制し、歩道を通ってはいけないと伝えた。男の子が自転車でオートバイを止めようとしたので、運転手もすぐに停止。スマラン市長のヘンドラール・プリハディ氏は、自身のインスタグラムでこの少年に対し「勇気のある男の子だ。」と称賛の声を惜しまなかった。4月15日に市長がインスタグラムに
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news