Archives : インドネシア銀行

17年のGDP伸び率予測を下方修正、中銀

インドネシア中央銀行(BI)は、2017年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを当初の5.5%から5.4%に下方修正した。世界経済の落ち込みが響くとみているという。 BIのアグス・マルトワルドジョ総裁は、欧州連合(EU)や日本など先進国経済の落ち込みを指摘し、「2017年の世界経済の伸び率は3%にとどまるとみられている上、米国でドナルド・トランプ氏の新政権の元で保護主義的な政策がとられることもまた、世界経済状況の悪化を促すとみられる」と指摘する。さらに「米国への輸出はインドネシアの輸出額全体の1
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

インドネシア民間セクター、海外からの借款がスローダウン

インドネシア銀行は、民間セクターによる年度ごとの海外債務額が、第3四半期は、前年同期に比較して2.7%下落したと公表した。これは総海外債務額である3253億米ドルの50.1%を占める。 民間セクターの債務者は金融セクター、非金融セクターの産業処理、鉱業などの業者から成る。第2四半期と比較して、産業処理セクターと電気、ガス、浄水セクターの年次海外債務が減少した。鉱業セクターや金融セクターの年次海外債務もなお収縮している。 一方、インドネシア公的機関による海外債務は総海外債務額の49.9%である
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

16年の融資の伸びは通年目標達成が可能=中銀

インドネシア銀行(BI)はこのほど、インドネシアの2016年の融資残高の伸び率が、目標の前年比7~9%に達するとの見通しを示した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が10月21日付で報じた。 BIの経済・金融政策部門を率いるジュダ・アグン氏は「インドネシアの融資の伸び率は8月に前年同期比6.8%にとどまり、7月の7.7%の伸び率を下回ったが、融資は第4四半期(10~12月)に回復するだろう」と指摘。「11月、12月の季節的要因を考えれば、2016年通年で7~9%の伸びは可能だろう」と語っ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

インドネシア銀行バリ支店 デンパサールで偽造紙幣数千枚を発見

インドネシア銀行は、10万ルピアの偽造紙幣が流通していたと10日に公表した。アンタラニュース電子版が15日付で報じた。 偽造紙幣が最も多く発見されているのはデンパサールだ。2016年1月から9月までに3454枚が発見され、全体の79%を占める。バリに続き、バンドゥンで216枚(4.9%)、次にブレレンで199枚(4.5%)などが発見されている。今年の発見総数は10万ルピア紙幣が3460枚、5万ルピア紙幣が844枚、2万ルピア紙幣が62枚、1万ルピア紙幣が2枚、5000ルピア紙幣が4枚だ。偽造紙
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news