Archives : インドネシア人

イタリア人とインドネシア人 フェイスブックが繋いだ国際結婚

中央ジャワ州バタン県トラグン村を4月18日、一人のイタリア人女性が訪れ、村中の住民らがイタリア人を一目見ようと集まった。 女性の名前はイラリアさん(21)。職業は水泳のインストラクターで、来イのために貯金をして、この日、恋人のズルフィカルさん(23)に会うためはるばるイタリアからやって来たという。2人はソーシャルメディアのフェイスブックを通して知り合い、次第に意識しあうようになった。その後も2年間連絡を取り合い、ズルフィカルさんはイラリアさんから英語を学びながら愛を育んだという。 手続上の問
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

イの女性家事労働者 国連サミットで移住者を代表して発言

インドネシア人の移住家事労働者の女性が9月19日、ニューヨークで開催される「難民と移民に関する国連サミット」でスピーチを行うことになった。移住労働者の保護策の強化を各国政府に求める見通しだ。8月27日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 スピーチするのは16年間香港で移住労働者として働いてきたエニ・レスタリさん。今回、国連により全世界の移住労働者の代表に選ばれた。エニさんは「移住労働者を代表してスピーチをすることは、私にとってチャレンジです。移住労働者を抱える国々は労働者を単純
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

マレーシア沖での沈没船 遺体の身元確認

インドネシア人を乗せた船がマレーシアのバトゥ・ライヤールパンタイで沈没し、行方不明になっていた事故で、男性8人と乳児を含む女性6人の合計14人の遺体が発見された。 インドネシア市民・法人保護局のラル・ムハンマド・イクバル局長は「マレーシアのレスキュー隊が地元の漁師と協力して付近を捜索し続けていた。そのうち8人の身元が確認されたという。身元確認の終わった遺体のうち5人の遺体はすでに本国に送還されている」と語っている。インドネシア総領事館もすでに現地にインドネシア人保護チームを送っており、移民・警
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

“熊本地震でイ人2人怪我、大半は無事 “

熊本とその周辺で14日夜から頻発している地震に関して、駐日インドネシア大使ユスロン・イザ・マヘンドラ氏が16日、インドネシア人2人が怪我をしたものの、大半の現地にいるインドネシア人は無事であることを明らかにした。17日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。大使は「2人は15日朝の余震で怪我をした。他の人々は避難所に避難して無事だ。」と述べた。怪我をした2人は留学生で、いずれも余震で上から落下してきたものが当たって負傷し、病院で手当を受けた。避難場所となっている熊本大学の体育館には24人の子供を含む合
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news