Archives : アンコット

アホック知事 アンコットで死亡した妊婦に哀悼の意

ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は7月22日、ジャカルタ衛生局にて、アンコット(公共ミニバン)で死亡した妊婦に哀悼の意を表した。 死亡した妊婦はシティ・アミナさん。出産のためにアンコットで東ジャカルタのチラチャスにある保健センターに向かっていた。到着後すぐに破水し、シティさんの体調が急変。同エリアにあるパサール・レボ地方病院に搬送されたが、シティさんと胎児は不運にもすでに死亡していた。 アホック知事は、移動に救急車ではなくアンコットを選択したことに胸を
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アンコット(乗り合いバス)谷へ転落 運転手は逃走中

5日、現地時間9時30分頃、東ヌサトゥンガラ州でバル市からクパン市へ向かっていたアンコット(乗り合いバス)が谷間に転落した。事故当時かなりのスピードで走行していたとみられ、左折の際にコントロールが効かず、バランスを崩して谷間へ転落した。 この事故で死亡した人はいないが、51歳の女性が右腿を負傷し、治療のため病院へ運ばれた。このアンコットは現在、詳しい調査のためにクパン市の警察署に押収されている。また事故の際、警察署員はすぐに現場に駆けつけ怪我人を救出、アンコットを撤去した。運転手は逃走し、身元は
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, , ,

公共バスなど、「寿命」を過ぎたものは引退へ

ジャカルタ州政府は、公共バスや乗り合いミニバン(アンコット)などであまりに古い車両が使われるのを抑制するために、路上走行適性確認テストを行い、これに合格した車両のみに公道での使用を認める方針を固めた。20日付けの英字紙ジャカルタポスト紙が伝えた。ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は「車両の寿命をきちんと管理する」と述べ、その寿命は単なる使用年数では無く適性テストによって判断するという考えを示した。また、この計画は州条例2014年第5号に沿うものだと説明したうえで、条
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news