Archives : アホック

アホック知事 退任後の意向について語る

バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は4日、実刑判決を受ける直前、ジャカルタ州庁舎にて退任後の意向について語っていた。「私は、知事退職後はキャスターになると決めた。どの政党にも属さず、大臣にもならない。大統領のスタッフにも絶対にならない」とコメントした。 アホック知事はキャンペーン中に制作したテレビ番組"Ahok Show"について触れ、「退任後はこの番組を継続しテレビ局で放送したいと思っている。しかし、あらかじめ決められた割合で利益を分配するレベニューシェアで契約し、広告宣伝の場合
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック氏をデポックに移送 刑務所側の都合で

実刑判決を受け、東ジャカルタのチピナン刑務所に即時収監されたバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事(停職中)は、刑務所側の安全管理上の理由から10日未明、デポック市のクラパ・ドゥアにある国家警察機動隊の拘留所に移送された。 移送を要請したのはチピナン刑務所の刑務所長。アホック氏が収監された直後は、アホック氏の支持者ら1000人以上がチピナン刑務所の周囲に集まり、アホック氏の収監に抗議し、釈放を求めた。同刑務所長によると、同刑務所には刑務官が22人しかいないとのことで、抗議の騒音により他
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック氏支持者が心臓発作で死亡

ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事が宗教冒涜の罪で実刑判決を受けたことをテレビで見たアホック氏の選挙事務所の警備員ゲラルト・サマパティさんが、心臓発作を起こし死亡した。 アホック氏の支持者のマフマダさんによると、ゲラルトさんは裁判の様子を生中継でテレビで見ようとしていたが、テレビのリモコンが見つからずテレビの電源を入れられずにいた。たまたま外を通りがかった行商人からリモコンを買ったゲラルトさんがテレビをつけたところ、ちょうど判決の言い渡し場面直前だった。ゲラルトさ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

アホック知事収監に人権擁護団体が懸念の声

ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事が実刑判決を受け即時収監されたことについて、多数の国際的な人権擁護団体からインドネシアにおける人権擁護の有り方について懸念の声が挙がっている。 欧州連合(EU)のインドネシアとブルネイへの派遣団は声明を発表し、インドネシアにおける伝統的な寛容と多様性の精神が今後も長く続くことを期待し、国際的な人権法に則って思想の自由と人権が守られ、すべての宗教または信条が尊重されるべきとの見解を示した。 アセアン人権のための議員連盟(APHR)
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック知事の収監でジャロット副知事が知事代行に

チャヒオ・クモロ内相は9日、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)ジャカルタ特別州知事が2年間の実刑判決を受け刑務所に収監されたことを受け、即座にジャロット・サイフル・ヒダヤット副知事を知事代行に任命した。 チャヒオ内相は判決が出た後、速やかに知事代行を任命したことについて、州政府内での権力の空白状態が生じることを防ぐためとコメントし、「中央政府はジャロット氏が首都で進行中の国家戦略プロジェクトを遅滞なく継続することを期待している。」と話している。また、ジャロット氏が代行を務めるのは高裁が
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック知事に実刑判決、収監される 知事は控訴へ

北ジャカルタ地方裁判所は9日、ジャカルタ特別州の知事選に絡んで宗教冒涜の罪に問われていたバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事に対して、2年間の禁錮刑を言い渡した。サンティアルソ判事を裁判長とする裁判官5人による合議体の判決。これに対し、アホック氏は控訴する構えだ。 アホック氏はコーランの一節を引用してイスラム教を冒涜したとする宗教冒涜容疑と、イスラム聖職者に対する名誉毀損で訴えられていた。検察側は宗教冒涜については証拠が無いとして訴えを取り下げたが、一方で聖職者に対する名誉毀損に対し
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アニス・サンディアガ組の勝利が確定

4月19日に行われたジャカルタ特別州の州知事選で、決選投票における得票数をジャカルタ選挙管理委員会(KPU)が4月30日に確定し、アニス・バスウェダン氏とサンディアガ・ウノ氏のペアが、現職のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事とジャロット・サイフル・ヒダヤット副知事のペアを破り、正式に正副知事となることが確定した。 KPUジャカルタのスマルノ委員長が中央ジャカルタのアルヤドゥータ・ホテルでの会合で明らかにしたところによると、アニス・サンディアガ組の得票率は57.96%、アホック・ジャ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

メーデーのデモ参加者 アホック知事らの花輪に放火

ジャカルタ特別州の州庁舎前で1日、メーデーのデモに参加していた労働者らが、州庁舎前に飾られた花輪に放火する事件が起こった。アホック知事やジャロット副知事に謝意を伝えようと市民から贈られた花輪だった。 メダン・ムルデカ・スラタン通りの中央に積み上げられた花輪にロウソクで火が放たれ、煙と共に炎が空高く舞い上がった。ジャカルタ特別州地方政府アグスティノ・ダルマワン氏は「放火された花輪は10基ほどで、他にも花輪数基が壊されている。壊された花輪はすでにモナスの管理人が撤去した」とコメントした。 翌日、
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

アホック知事・ジャロット副知事への花輪 政治的な工作との噂も

ジャカルタ州知事選で落選が確実となったアホック知事・ジャロット副知事に謝意を伝えたいと市民らが贈った花輪は、ジャカルタの州庁舎で歩道に沿って並べられていた。州庁舎に並べきれない花輪は、古いものから順にモナスの駐車場へ移された。花で飾られたメッセージは通常の決まり文句ではなく「ありがとう」や「がんばって」など感謝や労いの言葉で溢れ、支援者でない通りがかりの市民でさえ多くの花輪やメッセージに感動したという。 一方で、前例のない今回の現象をアホック知事らの政治的な工作だとする噂がソーシャルメディアで
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック氏、検察が執行猶予付き禁錮1年を求刑 宗教冒とくで

ジャカルタ特別州知事決選投票での敗北が濃厚となったバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)現知事。選挙演説中の一節が宗教冒とくであるとして昨年12月に起訴されていた件で、決選投票の翌日4月20日に論告求刑公判がジャカルタで行われた。検察はアホック氏に禁錮一年、執行猶予二年を求刑した。検察の見解としては、アホック氏の発言は社会の混乱を招いたものの、同氏は知事としてジャカルタの発展に貢献したため酌量の余地があるとして、執行猶予付きの求刑となった模様。 アホック氏弁護団の一員であるワヤン氏は21日
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news