煙害再び深刻化 健康に有害なレベルに

首都ジャカルタでは洪水の影響がまだ色濃く残るが、広いインドネシア国内では雨を待ち望んでいる地域もある。6月に発生した焼き畑による煙害で、シンガポールなど周辺諸国へも大きな影響を与えたことは記憶に新しいが、その被害に再び火が付き始めている。西カリマンタンのポンティアナックでは、インドネシアが独自で定める大気汚染指標(ISPU)が、「非常に不健康」レベルから「危険」レベルへと上昇。地域当局は6日から数日間幼稚園や小学校を休みにすることを決定した。また視界不良からフライトも遅延が続出し、ジャカルタから当地へ向かった旅客機は着陸不可能でUターンを余儀なくされた。同じ被害はリアウ諸島でも報告されている。季節風の向きが6月とは異なることから周辺諸国への被害は当面免れそうだが、2013年には1万人以上の地域住民が急性呼吸器感染症に苦しめられたことを考えると、全く楽観視はできない状況が続いている。


公開された日付: 2015年08月03日
post in インドネシアの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

1年で22日分に相当 ジャカルタの渋滞時間 ジャカルタ住民は年換算で約22日を交通渋滞や駐車場探しに費やしている。そんな調査結果が、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリのウーバー、並びに、ボストンコンサ
イメージアップなるか? 首都北部にハラルホテル ジャカルタ特別州政府は、貧困街や風俗街などダークな印象のある北ジャカルタのイメージを払拭させるため、シャリアホテルの開発を計画している。  州営ホテル会社は8日
警察が男性専用スパを摘発 外国人含む51人を拘束 6日夜、中央ジャカルタのルコ・プラザ・ハルモニにある男性専用スパを警察が摘発し、居合わせた51人を拘束した。店名はT1スパ・ハルモニで、男性同士の売春ビジネスを
ユドヨノ元大統領が自著出版、自身のツイートまとめる インドネシアの元大統領で、最近ではツイッターでの投稿で注目を集めるスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領はこのほど、自身のツイートをまとめた自著「ツイッターSBY」を
バリのウブドで6月にアートフェスティバル開催 バリ島のウブドで6月、アート・フェスティバル”トゥピ・サワ 2017”が開催される。6月3、4日の2日間にわたり、アートに関するワークショップ、環境についての講
中小企業向けプラットフォームを発表、ジャカルタ特別州 ジャカルタ特別州はこのほど、中小企業向けのオンライン・プラットフォームを発表した。これにより、同州政府のウェブサイトを通じて中小企業が自社製品を売り出していくの
大統領からの自転車贈呈イベント 男性が自転車ほしさに登壇 アチェ州バンダ・アチェで6日、第15回全国農民・漁民週間が開かれ、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領から自転車が贈られるイベントが行われた。自転車が贈られ
住民の大多数が中央・地方両政府の行政に満足 パプア州 インドネシア政治指標研究者のヘンドロ氏は、3月から4月の調査結果に基づいて、パプア住民の90%が中央政府の行政に満足しているとしている。例えば、燃料油(サーチャ

インドネシアニュースタグ

Google IS JICA JIS KAI LGBT アニメ イベント インターネット インバウンド インフラ エネルギー オーストラリア ジャカルタ スポーツ ソロ ダイハツ デング熱 データセンター ドローン バンコク ファッション ボロブドゥール ポップカルチャー メダン 三菱商事 事件 人口 企業買収 判決 商社 弁護士 技術協力研修 新店オープン 旅行 株式取得 法律 煙害 特許庁 経営権取得 自動車 記念日 講演会 開発計画 香港