AGCが苛性ソーダと塩ビの生産能力を大幅増強

 大手ガラスメーカーの「AGC旭硝子」(東京都千代田区、石村和彦社長)は8月6日、東南アジア地域での苛性ソーダや塩ビなどのクロール・アルカリ製品の需要拡大に対応するため、約400億円を投じて インドネシアの子会社「アサヒマス・ケミカル」の生産能力を大幅に増強すると発表した。
 同社は、今年3月に苛性ソーダの生産能力を1年当たり約50万トンに増強しているが、さらに塩ビを含む生産設備を追加増設し、2015年末までに稼働開始の予定。増設後の生産能力は、苛性ソーダは40%増の約70万トン/年、塩ビ樹脂(PVC)はほぼ倍増の約55万トン/年となる。
 苛性ソーダは、アルミナ、紙・パルプ、レーヨンの生産や各種水処理などに用いられ、工業化の進展とともに需要が伸びる製品。またPVCは、塩ビ配管など、 インフラ・住宅設備に多く用いられ、経済成長に伴い需要が増加する特徴を持っている。これらのクロール・アルカリ製品は、今後も発展が続く東南アジア地域で年率約5%で 需要が拡大すると見られ、2020年の市場規模は現在の約1.5倍に達する見込みという。


公開された日付: 2015年07月23日
post in インドネシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

インドネシア最大級の出力 超々臨界圧蒸気タービンおよび発電機を受注 株式会社東芝は、住友商事、関西電力およびインドネシアのアストラグループ傘下企業であるユナイテッドトラクターズが出資するブミジャティパワー社が開発しているタンジュ
日通インドネシア物流、保税物流センター(PLB)のライセンスを取得 日本通運株式会社は17日、同社の現地法人、日通インドネシア物流株式会社が3月17日にインドネシア税関総局から、「食品関連」としては日系物流企業で初めてとなる保税
インドネシアでR&Dセンターの開所式を実施 ダイハツ工業株式会社の現地子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター社(以下、ADM)は、2011年から建設を進めていた「R&Dセンター」のテストコース完成、さら
インドネシアでLINE ポイントの交換連携を開始 エキサイト株式会社とインドネシアで大手財閥のシナルマス・グループとの合弁会社「PT Excite Indonesia」は、LINE株式会社が運営するコミュニケー
インドネシア「シニアリビング ダ・カヤンガン」に新たなスポーツ施設を設置 ロングライフホールディングス株式会社は、3月29日、同社のグループ会社であるPT.Jababeka Longlife Cityが運営する高齢者向け住宅「シニアリ
インドネシアの主要なパイプ・鋼材加工メーカーへ出資 JFEスチール株式会社(以下、JFEスチール)と伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(以下、MISI)は、インドネシアのパイプ製造・鋼材加工メーカーであるSPINDO社の発行
「グローバルニッチトップ支援貸付制度」で水力発電事業に参入する企業を支援 商工中金は、2014年4月に「グローバルニッチトップ支援貸付制度」を創設し、政府の「日本再興戦略」に沿って、特定分野に優れた中小企業等の海外進出をサポートする取
インドネシアに対する円借款に関する交換公文の署名 3月29日、外務省は、ジャカルタにおいて、谷﨑泰明駐インドネシア大使とインドネシアのデスラ・プルチャヤ外務省アジア・太平洋・アフリカ総局長との間で、総額739億

インドネシアニュースタグ

Google IS JICA JIS KAI LGBT アニメ イベント インターネット インバウンド インフラ エネルギー オーストラリア ジャカルタ スポーツ ソロ ダイハツ デング熱 データセンター ドローン バンコク ファッション ボロブドゥール ポップカルチャー メダン 三菱商事 事件 人口 企業買収 判決 商社 弁護士 技術協力研修 新店オープン 旅行 株式取得 法律 煙害 特許庁 経営権取得 自動車 記念日 講演会 開発計画 香港