8月より羽田-ジャカルタ線を増便、1日2便へ

ANAグループは、8月1日より、羽田空港の深夜早朝時間帯を活用し、羽田-ジャカルタ線を増便すると発表した。ANAは現在、羽田から東南アジア(ASEAN)の6都市へ就航しているが、増便に伴い、シンガポール・バンコクに加え、ジャカルタも1日2便(往復)の運航となる。
運航ダイヤは、既存の「羽田空港午前発」「羽田空港朝着」に加え、新たに「羽田空港深夜発」「羽田空港夕方着」便を設定する。「羽田空港深夜発」便は23時30分羽田発、翌朝5時5分ジャカルタ着。「羽田空港夕方着」便は、6時55分ジャカルタ発、16時30分羽田着となる。使用機材はボーイング787-8で、ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席を有する。
羽田-ジャカルタ線の増便分については、1月26日より販売開始。
※これらの計画は関係当局への申請・認可を前提としております。


公開された日付: 2017年02月27日
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

「実務家のためのインドネシアの文書化対応」セミナーを開催 株式会社アタックスは、「実務家のためのインドネシアの文書化対応」と題して、税理士法人によるセミナーを5月に開催すると発表した。インドネシア政府が2016年12月
PT Arisu Graphic Primaの株式を追加取得、子会社化 共同印刷株式会社(以下、共同印刷)は、4月28日、持分法適用関連会社であるPT Arisu Graphic Primaの株式を追加取得し、子会社化すると発表した
リチウム電池用液漏れ防止・絶縁材を生産する新生化学工業株式会社を支援 商工中金は、「グローバルニッチトップ支援貸付制度」を活用し、新生化学工業株式会社に対して、滋賀銀行と協調して、インドネシア現地法人におけるリチウム電池用液漏れ防
インドネシア子会社を完全子会社化 自動車のランプやミラーなどの部品を製造する市光工業株式会社は、現地企業PT.パイオニアとの合弁でインドネシア子会社であるPT.イチコウインドネシアについて、4月
インバウンド向け乗換案内『Japan Transit Planner』 インドネシア語に対応 ジョルダン株式会社は、9日より、PC・スマホWebサイト版インバウンド向け乗換案内『Japan Transit Planner』にてタイ語・ベトナム語・インドネ
日本、インドネシア、マレーシアでバドミントンの発展に貢献 日本代表のスポンサーに ダイハツ工業株式会社は、日本・インドネシア・マレーシアの3カ国でバドミントンの発展に貢献するため、まずは日本国内で、公益財団法人日本バドミントン協会のバドミント
インドネシアでアパート販売事業をスタート 『桜テラス』 第1号案件を着?、シリーズ展開へ 株式会社シノケングループは、インドネシアの100%?会社PT. Shinoken Development Indonesiaを通じてジャカルタの中?地にてアパー
インドネシア段ボールメーカーの株式取得 レンゴー株式会社のタイにおける合弁会社であるタイ・コンテナーズ・グループ社(以下、TCG社)は、ジャカルタ東部に位置する段ボールメーカーであるインドコル・パッケ

インドネシアニュースタグ

Google IS JICA JIS KAI LGBT アニメ イベント インターネット インバウンド インフラ エネルギー オーストラリア ジャカルタ スポーツ ソロ ダイハツ デング熱 データセンター ドローン バンコク ファッション ボロブドゥール ポップカルチャー メダン 三菱商事 事件 人口 企業買収 判決 商社 弁護士 技術協力研修 新店オープン 旅行 株式取得 法律 煙害 特許庁 経営権取得 自動車 記念日 講演会 開発計画 香港