ジャカルタで買うお土産・雑貨

ローカルマーケットでの買い物

ジャカルタ市内には昔ながらのローカルマーケットがいくつか残っています。生地や民芸品などを手に入れたり、食料品を安く買うのに適していますが、価格交渉が必要なので慣れない人にはちょっと不便を感じるかもしれません。 マーケットには屋台店も併設されています。人々の生活感を知るのに一度立ち寄ってみてはどうでしょうか。

オーダーメイドのお土産

ジャカルタにはお土産にもなる雑貨などをオーダーメイドしてくれる「おじさん」や「おばさん」がいます。長年にわたってジャカルタ在住日本人の間でご用達となっており、その評判は口コミで広がっているようです。 注文できる品目としては、サンダル、メモ帳、木彫り、家具、刺繍、宝石を使ったアクセサリーなどがあります。これらのアイテムを作ってくれる「おじさん」や「おばさん」は訪問販売で日本人の住居に注文を取りに来たり、商品を届けたりしています。 主な商品を注文する際の流れは次のようになっています。 ・オリジ

店舗で買うお土産品

ジャカルタの中心街にあるショッピングモールでは、外国人観光客向けのお土産品を集めたお店を見かけます。 インドネシアを代表する手工芸品といえば、ろうけつ染めの布・バティックでしょう。色鮮やかな花鳥柄や幾何学模様などが特徴で、地域によって伝統の色や柄を継承しています。産地としては、中央ジャワの王宮文化が色濃く残るジョグジャカルタやソロが有名なことから、バティックは『ジャワ更紗』とも呼ばれています。ジャカルタからこれらの生産地にある工房を見学するツアーも出ています。 バティックは2009年10月、