企業運営に必要なセキュリティ事情

ビルでのセキュリティチェック

ジャカルタでは、オフィスビルやショッピングモールの出入り口で必ず検査が行われています。オフィス階に立ち入る際は、身分証明書の提示をロビーで求められますから、必ずパスポートやKITASを持参しましょう。 検査は「おざなり」な感もあるが、なんらかの犯罪抑止にはなっているようです。 ホームセキュリティは未整備 民家に防犯ブザーなどを取り付け、万一の際に警備員が駆けつけるホームセキュリティのサービスはジャカルタではあまり浸透していない。顧客への普及度が低いため、巡回するスタッフを配備しても割が

「内部犯行」を食い止めるために

自社従業員に起因する「内部犯行」を食い止めるために、なんらかのセキュリティ対策を打っておくことが肝要です。 事業所のセキュリティ管理の方法としては、大きく分けて2種類あります。ひとつは監視用カメラ(CCTV)などの機器を設置したり、従業員の出退勤管理やアクセスできる場所の管理をICカード・端末などを使ってコントロールするといった「機械による警備」です。もうひとつは、主に工場の敷地やビル内を警備員が巡回する「人による警備」です。適切な警備体制は、事業所の性質や広さなどにより異なります。専門家の意

典型的な「内部犯行」や「不正行為」

インドネシアでの企業運営に当たっては、外部からの侵入者による窃盗行為への予防措置 だけでなく、自社従業員による備品や原材料、製品の持ち出しなど「内部犯行」への対応をしっかり考えておく必要があります。さまざまな方法で「不正行為」が起こりうるという、「この国ならでは」の事情があることをあらかじめ理解しておきましょう。 警備会社や工場運営者によると、ジャカルタ周辺の事業所では次のような「内部犯行」「不正行為」が起こっています。 まず最も多い例は「物品の持ち出し」です。オフィスでの文房具などの窃盗