JICA が支援するMRT南北線建設事業

東西線の準備も進行中

一方、ジャカルタを横断する東西線の建設着手に向けた準備も進んでいます。2014年12月には、第1フェーズ(31.6キロ)の西側区間である第1ステージ・カリデリス(Kalideres)〜チュンパカバル(Cempaka Baru)20キロの基本設計に係るL/A(約20億円)を調印。現在、基本設計実施に向けた準備に着手しています。現在のところ、2024〜27年の開業を目指すとしています。 なお、MRTジャカルタのウェブサイトによると、東西線は最終的に87キロに及ぶ路線になるということです。 ジャカ

MRTジャカルタ建設事業とは

MRTとはMass Rapid Transportの略で日本語では「大量輸送交通」と訳されます。この事業では渋滞が深刻なジャカルタ首都圏で新たにMRTを導入することにより、ジャカルタ首都圏の旅客輸送力の増強を図り、都市機能向上による投資環境整備を行うことを目的としています。 国際協力機構( J I C A )は2 0 0 6 年11月、インドネシアと「ジャカルタ都市高速鉄道事業」のエンジニアリングサービスに係る円借款契約(L/A)を締結したのを皮切りに、2009年3月に南北線第1フェーズ建設に