ジャカルタ日本人学校への通学

JJS の幼稚部

JJSには、4〜5歳児向け2年保育を行う幼稚部が併設されています。1971年に創立、2006年に現在の場所に移転されました。 幼稚部は、前述のジャカルタ日本人学校維持会が設立し、運営している私立の幼稚園です。幼稚部は小中学部と異なり、日本政府からの援助はなく独立採算で運営を行っています。また通園には、小学部・中学部同様にスクールバスを利用することとなります。 日本人学校維持会への加入 「日本人学校維持会」の規則案内による「(JJS)入学の条件」は以下の通りジャカルタ日本人学校に入学する

JJS への入学条件

ジャカルタ日本人学校のウェブサイトによると、入学条件として次のような項目が掲げられています。 ・ジャカルタ市もしくはその周辺に在住する者で、その所属する企業または個人が日本人学校維持会の会員である保護者の子女であること。 ・子女が日本国籍を有すること。 ・子女がインドネシア国籍でないこと。(インドネシア共和国政府の規定による。但し、日本とインドネシア国籍を持つ二重国籍者の場合は該当しない為、入学資格有り) 最初の項目にある「日本人学校維持会」とは、駐在員もしくは在住者の子女をJJSに就学

JJS での学習内容

学習内容は日本の小中学校と同じ教科のほか、「総合的な学習の時間(AI)」や「英会話の時間」があります。 「総合的な学習の時間(AI)」には、インドネシアのことを理解するために自分たちでさまざまなことを調べるだけでなく、現地校の児童・生徒との交流活動も行われています。一方、「英会話の時間」は小学部1年生から取り組まれています。またジャカルタは熱帯地域にありいつでも泳ぐことができるため「水泳の時間」は、年間を通じ設けられています。 また、年間行事としては、体育祭をはじめJJSフェスティバル(文化

ジャカルタ日本人学校の沿革

1969年5月に開校したジャカルタ日本人学校(JJS)は、ジャカルタ南西郊外のタンゲラン(Tangerang)州ビンタロ(Bintaro)にあります。小学部・中学部があるほか、幼稚部も併 設されています。 校舎は1996年3月まで、ジャカルタ市内のパサールミング(Pasar Minggu)にありましたが、校舎の老朽化および児童・生徒数が増加したことから、同年4月現在地に移転しました。 敷地面積は8万平方メートル弱。校舎は3階建て3棟から成り、小学部・中学部それぞれの運動場、体育館、プール、