インターネット固定回線の開設と利用

PT. NEC INDONESIA

NECインドネシアは20年以上の実績を持つトータルITソリューション・カンパニーです。IT機器 ・システム導入のコンサルテーションから構築・保守までワンストップで提供しています。 特にNECの強みとして、 1) オフィスインフラの構築 2) 業務の見える化、改善提案とシステム構築 3) 生産現場の競争力の提案 日系企業さま特有のご要望、インドネシア事情の両方に精通している同社に、是非ご相談ください。 [caption id="attachment_17737" align="a

PT. WALK BRAINS INDONESIA

2011年より新規進出企業様のIT環境構築(ネットワーク構築 日本とのVPN接続設定堅牢なセキュリティ確保 サーバー導入設定など)をはじめ、オフィス、工場稼働後の日々のITトラブルシューティングやIT保守 (定期訪問から常駐契約まで幅広く対応)、運用管理も数多く対応可能です。またホームページ制作や更新作業、システム開発まで多くの企業さまのIT環境全般をサポートしています。是非お気軽にお問合わせください。

家庭向けのインターネット

外国人が住むアパートメントやゲストハウスなどには、あらかじめWiFiや有線LANによるインターネット回線が入っていることがほとんどです。入居契約の際に、費用の負担方法などを確認しましょう。 もし個人で回線をつなぐ場合は、プロバイダーを探して契約することとなります。電話回線を利用したADSLをはじめ光ファイバー、そしてケーブルテレビ網経由といった選択肢はありますが、日本やASEANの近隣諸国と比べ、接続速度が遅くて不安定なのにもかかわらず、コストだけは極端に高いという欠点があります。 一般的に

企業向けのインターネット

オフィスや工場などいかなる事業所でもインターネット環境は 欠かせません。社内LANでの常時接続が必要な企業がほとんどでしょうが、インドネシアのネットインフラの質が悪いため本来のパフォーマンスが得られない、クラウドコンピューティングでの画面遷移が遅い、などの問題が起こり得ます。 2016年現在、ジャカルタの一般的な企業が使っているネットのパッケージは50〜100Mbpsで月額800万〜1500万ルピアと、近隣国の相場と比べ極めて高価なものとなっています。