伝統的なインドネシア料理

ピサンゴレン

熱々の揚げたバナナがおいしいデザート。そのまま食べたり、チョコレートソースやはちみつをかけたり、トッピングはいろいろ。 Pisang Goreng

エスチャンプル

インドネシア版かき氷。季節の果物やゼリー、タピオカなどがたくさん入っている。シロップ、練乳がかかっている。 Es Campur

チャプチャイ

中国風野菜のスープ煮込み。中華料理の名前がそのまま使われている。あっさりした味付けなことが多い。 Capcai

ミーアヤム

甘辛く煮た鶏肉が載ったインドネシアのラーメン。別添のスープをかけて、サンバルで好みの味付けをして食べる。 Mie Ayam  

ブブールアヤム

鶏のスープで炊いたやさしい味のお粥。揚げたたまねぎを載せたり、特製の醤油をかけて食べる。朝食にもおすすめ。 Bubur Ayam

イカンバカール

新鮮な魚を炭火で焼いた料理。魚にすりこむ味付けのソースは店によってさまざま。サンバルをつけながら食べる。 Ikan Bakar

ソトアヤム

ソトがスープ、アヤムが鶏。さまざまな香辛料が使われた定番のチキンスープ。春雨、卵などが入ることも。 Soto Ayam

ナシチャンプル

インドネシアの代表料理。チャンプルとは「混ぜる」という意味。ご飯といろいろなおかずを一皿で味わうことができる。 Nasi Campur

ガドガド

温野菜にスライスしたゆで卵、揚げた豆腐などを加えブンブ・ガドガドという甘辛いピーナッツソースをかけたサラダ。 Gado-gado

サテアヤム/サテカンビン

インドネシア版焼鳥。甘いピーナッツと辛いサンバルを好みで使う。 Sate Ayam / Sate Kambing カンビンとはヤギのこと、意外とおいしい。