インドネシアの国内線

インドネシアの国内線

2016年冬ダイヤによると、スカルノ・ハッタ空港を発着する国 内線は全部で10社超が運航しています。インドネシアを代表する 「フラッグキャリア」はガルーダ・インドネシア航空ですが、現状 の国内線運航便数ではLCCのライオン・エアが最大手となっています。そのほか、便数が多い航空会社としては、エアアジアのインドネシア法人、ライオンの子会社でLCCだがフルサービスキャリアであるバティック・エア、ガルーダ傘下のLCCであるシティリンク、スリウィジャヤ航空