インドネシアでのクレジットカードの取得

ルピア口座のカードを海外で使う

インドネシアの銀行で発行されているデビットカードやクレジットカードは外国で使うこともできます。各国にあるATMで現地通貨を引き出しましょう。 一般的にカードによるキャッシングは中間レート+3%程度となっています。また、カードを使って直接買い物も可能です。

ジャカルタ市内の両替所

 ルピアは日本円や米ドルなどと違い世界の基軸通貨ではないため、国外で現地通貨との両替の原資として使うのがほぼ無理です。そのため、海外に出る際は渡航先で使うための現金を出発前に手に入れておきましょう。 ジャカルタでの外貨両替は銀行でも可能ですが、一般的にはショッピングセンターの一角にある「マネー・チェンジャー(Money Changer)」のほうがレートが良いようです。複数のお店の数字を見比べて、条件が良さそうな場所で交換するようにしましょう。 マネー・チェンジャーの店先には、レート表が掲げら

JCB のサービスや特典を利用する

前述のように、インドネシアではクレジットカード利用者向けのさまざまなプロモーションが行われています。中でもJCBは日本人のカード保有者向けに各種の特典を設けています。一部加盟店(レストランやブティックなど)での割引特典をはじめ、ジャカルタ・スカルノ・ハッタ国際空港でのラウンジ利用(国内線のみ)、バリ島で運行されている「Kura Kura Bus」の無料乗車といったサービスが利用できます。また損保ジャパンとの提携で、JCBカードで買った商品を破損などした場合に補償される「お買いもの保険」もあります

JCB の提携先銀行の日本人対応サービス

外国の金融機関とのやりとりはなかなか難しいものです。JCBの提携先銀行であるMaybank Indonesiaでは、現地在住者向けに「JAPAN DESK」を設けています。ここを通じて申し込むと、提携する地元金融機関が発行するJCBブランドが付与されたクレジットカードの取得に関し、日本語でのサポートが受けられます。クレジットカードの取得だけでなく、利用代金決済に使うルピア口座の開設サポートも行っています。銀行口座開設とクレジットカードの取得が1カ所で完了するので、慣れないジャカルタでの生活を始め

インドネシアでカードを申し込む

日本発行のクレジットカードはもちろんインドネシアでも使用できますが、現地に収入がある人はインドネシアの口座引き落としのクレジットカードを持っていると何かと便利でしょう。申し込みに必要な書 類等は欄外の通りです。 なお、インドネシアでクレジットカードが得られるのは、一時居住証明(KITAS)の保持者に限ります。また、申し込み時に収 入 証明を求める銀行や、月収が一定レベルに満たない人には、クレジットカードの保有枚数に制限が付いたりします。詳しいことは申し込み先となる金融機関などに問合わせてくださ

クレジットカードの普及状況

インドネシアでは依然として現金取引が主流ですが、クレジットカードの普及も速い速度で進んでいます。2015年末の推定発行枚数は約1600万枚ですが、この国の人口からみれば、将来的には数億枚規模に拡大するポテンシャルがあると考えられています。 インドネシアでクレジットカードの普及が進んだのは、利用者に対する活発な割引プロモーションが後押ししているためです。ショッピングモールに行くと「○○カードで支払えば20%割引」と看板を掲げているお店をよく見かけます。50%割引や70%割引という極端なキャンペー