WEB マーケティングに適した国・インドネシア

インドネシアはいま、インターネットユーザー数が急拡大しています。インターネット普及率は2013年に3割弱でしたが、2015年に5割を突破し、ユーザー数は1億2500万人に達しました。利用状況を見ると、インドネシアではASEANの他国と比べてモバイルデバイスで接続するユーザーの割合が多いという傾向があります。ツィッターユーザーは世界で2位、IPアドレスによる分析では「ジャカルタは世界でもっとも『つぶやいている都市』」とされています。LINEユーザーも3000万人を超えています。
つまりインドネシアでは、スマホを通じ、SNSに積極的に参加している人々が極めて多いのです。したがって、消費者に対する「ブランドの印象付け」をはじめ、「顧客ロイヤルティの獲得」「リピーター確保」を行うには、WEBマーケティングは高い効果が得られるツールとなるでしょう。

公開された日付: 2016年07月15日
Post in ジャカルタで挑むWEBマーケティング

Related Indonesia Basic Info

工業団地に滞在するメリット もっとも大きなメリットは「渋滞が激しいジャカルタから逃れられる」ことでしょう。ジャカルタ市内はもとよ
住居に対する安全対策 日々の暮らしの上で、意外と見過ごしているのが「自分自身の住居」に対する安全
JJS での学習内容 学習内容は日本の小中学校と同じ教科のほか、「総合的な学習の時間(AI)」や「英会話の時間」があります
ミーアヤム 甘辛く煮た鶏肉が載ったインドネシアのラーメン。別添のスープをかけて、サンバルで好みの味付けをして食べ