WEB マーケティングに適した国・インドネシア

インドネシアはいま、インターネットユーザー数が急拡大しています。インターネット普及率は2013年に3割弱でしたが、2015年に5割を突破し、ユーザー数は1億2500万人に達しました。利用状況を見ると、インドネシアではASEANの他国と比べてモバイルデバイスで接続するユーザーの割合が多いという傾向があります。ツィッターユーザーは世界で2位、IPアドレスによる分析では「ジャカルタは世界でもっとも『つぶやいている都市』」とされています。LINEユーザーも3000万人を超えています。
つまりインドネシアでは、スマホを通じ、SNSに積極的に参加している人々が極めて多いのです。したがって、消費者に対する「ブランドの印象付け」をはじめ、「顧客ロイヤルティの獲得」「リピーター確保」を行うには、WEBマーケティングは高い効果が得られるツールとなるでしょう。

公開された日付: 2016年07月15日
Post in ジャカルタで挑むWEBマーケティング

Related Indonesia Basic Info

外国人も強制加入の社会保障制度 インドネシア政府は20 0 4 年、「国民皆保険」を目指して「国家社会保障制度に関する法律2004年
ASEAN共同体構築への課題と期待 東南アジア諸国連合(ASEAN) 加盟10 カ国は2015 年11 月、「ASEAN共同体」を発足さ
ネガティブ・リストの改定 2016年2月、政府からネガティブ・リストを改定する旨が発表されました(詳細は後日発表予定)。 地
ジャカルタ日本人学校の沿革 1969年5月に開校したジャカルタ日本人学校(JJS)は、ジャカルタ南西郊外のタンゲラン(Tange