外国人就労者が取るべきビザ

新規に設立するインドネシアの拠点に、日本人社員を駐在者として派遣、あるいは現地社員として雇用するためには、「一時滞在許可」と「外国人就労許可」を取得する必要があります。
滞在許可にはいくつかの種類がありますが、外国人就労者が取得すべきビザは、「就労目的の一時居住ビザ(インデックス番号312)」です。

ビザ申請手続きは専門家への依頼を視野に
長期滞在者用ビザ申請にかかる一連の手続きは、提出書類が多岐に渡り、煩雑な点が多いのが
現状。したがって、現地のエージェントやコンサルタントに手続きを依頼することが一般的となっている。
またインドネシアは、制度や手続き方法の変更などが頻繁に起きるため、申請の際は、関係機関や専門家に最新情報を確認することがが望ましい

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
ジャカルタの日系幼稚園 2016年2月現在、ジャカルタには日系の幼稚園やプレスクールが、ジャカルタ日本人学校(JJS)に併設
PT. ONITSUKA MANAGEMENT CONSULTING 2001年の創業以来16年、インドネシアの発展と共に歩んできた同社。日・イ両国の会計士・税 理士資
建設が進む南北線 MRTジャカルタの計画路線は、街を縦断する南北線と、横断する東西線からなります。 2016年2月現