外国人就労者が取るべきビザ

新規に設立するインドネシアの拠点に、日本人社員を駐在者として派遣、あるいは現地社員として雇用するためには、「一時滞在許可」と「外国人就労許可」を取得する必要があります。
滞在許可にはいくつかの種類がありますが、外国人就労者が取得すべきビザは、「就労目的の一時居住ビザ(インデックス番号312)」です。

ビザ申請手続きは専門家への依頼を視野に
長期滞在者用ビザ申請にかかる一連の手続きは、提出書類が多岐に渡り、煩雑な点が多いのが
現状。したがって、現地のエージェントやコンサルタントに手続きを依頼することが一般的となっている。
またインドネシアは、制度や手続き方法の変更などが頻繁に起きるため、申請の際は、関係機関や専門家に最新情報を確認することがが望ましい

Related Indonesia Basic Info

メイドの一般的な業務内容 インドネシア語でメイドのことをプンバントゥ(Pembantu)といいます。 一般的にメイドは仕事の
ジャカルタでの歯科治療 内科などのクリニックと同様、ジャカルタには日本語での対応が得られる歯科が複数あります。これは、内科・
ジャカルタの最低賃金は約3万円 現地の報道資料によると、ジャカルタ特別州の2016年の最低賃金は310万ルピア(3万円弱)となってい
ジャカルタ近郊に進出する日本企業の動向 ジャカルタ東郊外にある日系の工業団地が運営を開始したのは1990年代にさかのぼります。1994 年か