VAT 課税事業者としての登録

インドネシアには、日本の消費税に当たる付加価値税(VAT)があります。VATは国内で、課税対象の物品やサービ
スの引き渡し、輸出入、権利移転などが行われた場合に課税されるものです。
VATは最終的に消費者が負担しますが、企業にその徴収と納税義務が課せられているため、年間売上高48億ルピアを超える企業は税務署でVATの課税事業者として登録しなければいけません。登録の結果「付加価値税登録番号(Pengusaha Kena Pajak=PKP)」が得られます。
なお、登録企業は、取引ごとに起票する税務伝票(Faktur Pajak)を集計して納税額を計算することになっています。

公開された日付: 2016年07月13日
Post in 各種許認可の申請 , 法人設立後に必要な諸手続き

Related Indonesia Basic Info

品質に比して料金が高い 回線の質が悪いのに、インターネットの利用料が極めて高いのもまた頭の痛い問題です。2016年2月現在、
ラッシュ時の「3・イン・1」規制 ジャカルタでは、朝夕のラッシュ時に少しでも車を減らそうと3 人未満(運転手含む)しか乗っていな
ジャカルタ市内の両替所  ルピアは日本円や米ドルなどと違い世界の基軸通貨ではないため、国外で現地通貨との両替の原資として使う
MRTジャカルタ建設事業とは MRTとはMass Rapid Transportの略で日本語では「大量輸送交通」と訳されます。この