VAT 課税事業者としての登録

インドネシアには、日本の消費税に当たる付加価値税(VAT)があります。VATは国内で、課税対象の物品やサービ
スの引き渡し、輸出入、権利移転などが行われた場合に課税されるものです。
VATは最終的に消費者が負担しますが、企業にその徴収と納税義務が課せられているため、年間売上高48億ルピアを超える企業は税務署でVATの課税事業者として登録しなければいけません。登録の結果「付加価値税登録番号(Pengusaha Kena Pajak=PKP)」が得られます。
なお、登録企業は、取引ごとに起票する税務伝票(Faktur Pajak)を集計して納税額を計算することになっています。

公開された日付: 2016年07月13日
Post in 各種許認可の申請 , 法人設立後に必要な諸手続き

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
個人口座の開設 インドネシアに赴任、就職する居住者向け個人口座の開設に必要な書類は以下の通りです。 1.パスポート
ファイナル課税(源泉分離課税)の源泉税(PPH4 − 2) 居住法人(恒久的施設、外国企業の駐在員事務所を含む)、個人は他の居住納税者に対し、VATを除いた総支
法人税の税率 一律25%の単一税率ですが、幾つかの例外があります。 ・前年度の総売上高が48億ルピア以下の特定企