熱帯特有の病気を怖がらない

「デング熱」に「マラリア」、「アメーバ赤痢」と、日本ではあまり馴染みがない伝染病が熱帯地域には存在します。ただいずれも、ジャカルタでの発症件数はほとんどないといってよいですから、恐れるに足りません。
「アメーバ赤痢」は急激な下痢を発症するものではなく、慢性的な経過をとります。誤診が多い病気です。

「デング熱」は季節によって発生しますが診療所で迅速診断が15分で可能なほか、初期治療を適切に行えば重症になることはほとんどありません。1週間程度の入院が必要ですが、時間の
経過で自然回復が期待できます。
しかし「腸チフス」だけは注意が必要です。感染したヒトの尿や便を媒介して他人に感染します。高熱が出たり腸出血を併発したりしますから、万一、普段にないような症状が出たら早めの治療をお勧めします。
予防措置としては、不衛生な場所での飲食を避ける、食事の前やトイレの後の手洗いを励行することなどが挙げられます。また、インドネシアでは腸チフスのワクチン接種もできますから、必要に応じて打っておくとよいかもしれません。

 

公開された日付: 2016年07月18日
Post in インドネシアの医療事情とクリニック , 医療

Related Indonesia Basic Info

海外サービスに対する源泉税(PPH26) 非居住者への支払に対する源泉税に関する取り決めです。配当や各種サービスに対する報酬、年金及びその他の
金融システムを取り巻く問題点 インドネシアには数多くの金融機関がありますが、少なからず金融システム上に問題点があるようです。 ま
BASS セキュリティ・サービス社 ―― まず、御社の事業内容について伺います。 どのようなビジネスを展開されているのでしょうか?
東西線の準備も進行中 一方、ジャカルタを横断する東西線の建設着手に向けた準備も進んでいます。2014年12月には、第1フェ