ジャワ島を走る長距離列車

インドネシアの中でジャワ島にのみ長距離鉄道網が敷かれています。飛行機の旅でなく、あえて汽車旅にトライするという経験はいかがでしょうか。ジャカルタを起点に、バンドゥン(Bandung、所要3時 間)、ジョグジャカルタ(Jogjakarta、所要7〜9時間)、ソロ(Solo、所要8時間半)、スラバヤ(Surabaya、所要10〜13時間)といった主 要都市へは日に何本もの列車があります。
ジャカルタの鉄道ターミナルは、ガンビル(Gambir)駅とパサール・スネン(Pasar Senen)駅の2カ所。どちらも前述のKCJ交通のルート上にありますが、この両駅のプラットホームを長距離旅客の乗降用に使っているため、KCJの電車は停車しないことになっています。

チケットは前述の両駅にある前売り窓口のほか、コンビニエンスストアの端末、インターネット上で購入できます。売り出しは基 本的に出発の90日前から。切符売場はいつも混み合っているので、遅くとも前日までに準備しておきましょう。

公開された日付: 2016年06月30日
Post in 交通 , ジャカルタを発着する長距離交通機関

Related Indonesia Basic Info

ジャカルタ近郊に進出する日本企業の動向 ジャカルタ東郊外にある日系の工業団地が運営を開始したのは1990年代にさかのぼります。1994 年か
ピサンゴレン 熱々の揚げたバナナがおいしいデザート。そのまま食べたり、チョコレートソースやはちみつをかけたり、トッ
資産の減価償却 減価償却については有形資産、無形資産共に品目ごとの耐用年数表(定額法または定率法で定められている)が
ジャカルタ日本人学校の沿革 1969年5月に開校したジャカルタ日本人学校(JJS)は、ジャカルタ南西郊外のタンゲラン(Tange