フェリーで行くリゾート、プロウスリブ

ジャカルタからフェリーで行く身近なリゾート、プロウスリブ(Pulau Seribu)。プロウスリブとはインドネシア語で「千の島」という意味で、日帰りでもリゾート気分が味わえ、週末に気軽に行ける場所としておススメです。

モルディブをイメージして開発され、1つの島に1つのリゾートが設けられています。バリ島のようにショッピングやスパ体験はできませんが、透き通った海でマリンスポーツを楽しんだり、自然の中でのんびり過ごせます。

ジャカルタのアンチョール港から最も近いのは、フェリーで30分のアニエール島。ここには水上コテージがあり、リゾート気分が満喫できます。

一方、施設が充実しているのは、かつてJALが管理、運営していたパンタラ島です。船で片道2時間かかるため、日帰りには向きませんが、海の透明度は他の島を圧倒しています。パンタラ島のリゾートでは、シュノーケリングかカヌーのどちらかが無料で楽しめるほか、ダイビングをはじめとするマリンスポーツもできます。ホテルの客室内は冷蔵庫やエアコン、バスタブがあり快適に過ごすことができます。

プロウスリブのビーチ

プロウスリブのビーチ

公開された日付: 2016年07月18日
Post in より快適な旅を目指して旅行代理店を活用しよう , 旅行

Related Indonesia Basic Info

石油の純輸入国となったインドネシア インドネシアは「豊富な資源を持つ国」です。確認埋蔵量で見れば、2014年時点で石炭は世界10位にラン
外国人就労者が取るべきビザ 新規に設立するインドネシアの拠点に、日本人社員を駐在者として派遣、あるいは現地社員として雇用するため
工業団地で暮らすための施設 日系製造業の拠点はジャカルタ東郊外の工業団地に集中しています。それぞれの団地内には、日本人をはじめと
ジャカルタ周辺にあるゴルフコース ジャカルタの近郊にはゴルフ場が35カ所あります(2016年2月現在)。これらのコースへは、ジャカルタ