帰国引越に備えて

引越荷物を日本に向けて送る場合、遅くとも帰国の1カ月前には搬出の段取りや具体的な日程について専門業者と打ち合わせることをおススメします。見積もりは専門業者が搬出元となる自宅などを訪問して行います。その際に荷物の内容や特別な要望などをヒヤリングし、各種の調整を行います。

梱包は作業員にお任せすることもできますし、日系の専門業者なら引越の一連の作業を日本人スタッフが立ち会ってくれます。発注者側がどういう状態で準備しておくべきか、打ち合わせの際よく確認しましょう。

航空便と船便との振り分け

日本で帰国後、早めに使いたいものは航空便で輸送する、もしくは自分自身が帰国する際の受託手荷物に入れること。
なお、航空便で引越荷物を送付する場合、1週間∼10日が目安。

上級クラスの個数・重量制限

【JAL】ビジネスクラス、ファーストクラス共に、32キロを3個まで。【ANA】ビジネスクラスは32キロを2個、ファーストクラスは同3個まで。【ガルーダ】ビジネスクラス、ファーストクラス共に、64キロ(個数制限なし)まで。
※乗り継ぎ便の場合、各社ごとに許容量が異なるため、利用の際に確認のこと。

Related Indonesia Basic Info

飲用にはミネラルウォーターを使う ジャカルタの家庭では一般的に、「ガロン水」と言われる19リットル入りのタンクに入れたミネラルウォータ
法人税の予定納税と源泉徴収 税務当局の規定では「前年度の所得税総額から源泉徴収済の納税分を差し引いた金額の12分の1を毎月予定納
自宅で使う生活雑貨や家電製品 ジャカルタの自宅で使う雑貨や家電製品についてはどうでしょうか。多くの駐在員が住むことになるアパートメ
Amazonの越境通販を利用する 日本のAmazonでは、海外向け発送を請け負っています。送料は1冊目がやや高めですが、同梱送付の場合