日本人がよく利用するスーパー

ジャカルタには、充実した品揃えを誇る日本食材スーパー・パパイヤ(Papaya)をはじめ、外国人や富裕層向けのスーパーとして、ザ・フードホール(The Food Hall)とランチマーケット(Ranch Market)があり、これらのお店でたいていのものは手に入ります。

これに加え、ジャカルタの南東郊外に2015年5月、イオンモール(AEON Mall)がオープンしました。同社のプライベートブランド・トップバリュ(TOPVALU)をはじめ、各種の日本食材が揃っています。

フランス系スーパーのカルフール 中間層向けの店として、フランス系のハイパーマート・カルフール(Carrefour)があり、一般的な生鮮品や加工食品を扱っている。

フランス系スーパーのカルフール
中間層向けの店として、フランス系のハイパーマート・カルフール(Carrefour)があり、一般的な生鮮品や加工食品を扱っている。

公開された日付: 2016年07月15日
Post in 日本人がよく利用するスーパー , 買い物

Related Indonesia Basic Info

インドネシア国民は9割がイスラム教徒 インドネシアは国民の約9割がイスラム教徒で、世界最大のムスリム人口を誇るとされています。
品質に比して料金が高い 回線の質が悪いのに、インターネットの利用料が極めて高いのもまた頭の痛い問題です。2016年2月現在、
ジャカルタ市内の両替所  ルピアは日本円や米ドルなどと違い世界の基軸通貨ではないため、国外で現地通貨との両替の原資として使う
住居に対する安全対策 日々の暮らしの上で、意外と見過ごしているのが「自分自身の住居」に対する安全