典型的な「内部犯行」や「不正行為」

インドネシアでの企業運営に当たっては、外部からの侵入者による窃盗行為への予防措置
だけでなく、自社従業員による備品や原材料、製品の持ち出しなど「内部犯行」への対応をしっかり考えておく必要があります。さまざまな方法で「不正行為」が起こりうるという、「この国ならでは」の事情があることをあらかじめ理解しておきましょう。
警備会社や工場運営者によると、ジャカルタ周辺の事業所では次のような「内部犯行」「不正行為」が起こっています。
まず最も多い例は「物品の持ち出し」です。オフィスでの文房具などの窃盗から、工場での資材や原料、製品といった物品の搬出までいろいろなケースがあります。インドネシアでは廃材も現金になるため「横流し」の対象となります。
その他、出入庫時の数量の「ごまかし」、外部業者からの「リベートの支払い」、従業員が諸官庁と結託した上での「罰金、解決金の山分け」、機密書類やデジタルデータの「持ち出しや競合への売却、破壊」など、おおよそ日本では想像不可能な問題が数多く発生しています。
「不正行為」はその事態がかなり進行しないと発覚しません。日本人は得てして「事なかれ主義」でその場を凌ごうとする傾向がありますから、「行為」を見つけてもその事実を認めようとしなかったり、防止に向けた手を打つのを遅れたりといった問題が出ています。問題の解決に関与しようとせず、現地人スタッフに任せたところ、さらに状況が悪化したという事例もあります。

112-113

ジャカルタでは従業員によるデジタルデータの持ち出しも起きている。

 

外国人社員情報の横流し
意図的に入管係官などに自社の外国人の動向を知らせて、いわれのない「手入れ」を行わせた上で、「解決金」を山分けするといった手の込んだ不正行為もある。

公開された日付: 2016年07月15日
Post in 企業運営に必要なセキュリティ事情

Related Indonesia Basic Info

法人部会の活動 インドネシアに進出している日系企業の円滑なビジネス活動を支援しています。主な活動としては、「法令改正
ローカルマーケットでの買い物 ジャカルタ市内には昔ながらのローカルマーケットがいくつか残っています。生地や民芸品などを手に入れたり
個人所得税の源泉徴収(PPH21) 「インドネシアにおける個人所得税(105ページ)」で述べたように、雇用主は従業員に支給する給与から所
ジャカルタ首都圏にある工業団地 ジャカルタ首都圏(JABODETABEK)には23カ所の工業団地があるとされていますが(2016年2