家賃などの支払い

インドネシアの習慣で、家賃は契約期間分をまとめて支払う習慣があります。例えば1年契約だと一度にまとめて1年分を支払わなければなりません。また、インドネシアの特有の税制で、大家が払うべき税金分(10%)を借主が直接税務当局に払う「源泉税」という仕組みがあります。家賃は税別なのか税込なのか契約の際よく確認してください。敷金にあたるデポジットは通常、家賃の1カ月分となっています。退去時に大きな問題がなければ全額を返してくれる可能性が高いです。なお、仲介手数料については不動産屋により扱いが異なりますので、個々に確認してください。

家電品は日本から持ち込まない

日本とインドネシアでは電圧が違うため、パソコンや携帯電話(スマートフォン)などを除く家電品を持ち込まないこと。いずれも変圧器なしでは使用できない。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in ジャカルタで 暮らす住まいを選ぶ , 住居

Related Indonesia Basic Info

10 万ドル超のルピアでの外貨購入で許可される取引 1カ月間に1顧客あたり10万ドル相当を超えるルピアによる外貨購入は欄外のような取引に限ると定められて
欠損金の繰越控除 欠損金の繰越控除は最長5年間です。ただし繰戻控除は認められていません。
実際の送金手続き 海外送金に当たっては、ルピア建てでの組み立てはできません。米ドルや日本円、ユーロ、シンガポールドルな
国際線で到着した際の手続き 降機したら順路に沿って、入国審査場に向かいます。大半の国際線が到着する第2ターミナルの審査場は、外