オフィスの賃料と支払い方法

立地するエリア、オフィスビルの建築年数、セキュリティ、設備等により賃料は異なります。オフィス賃料は一般的に3〜6カ月ごとに前払いする習慣があります。
また、敷金に当たる「セキュリティデポジット」があり、契約の際に貸主に預けます。一般的な相場は賃料の3か月分です。
なお、退去時に原状回復(スケルトンの状態に戻す)の義務がありますが、その際に大きな問題がなければ「セキュリティデポジット」が全額返金されます。

賃貸契約時に注意すること
【契約面積】
契約書などに記載される面積は「セミグロス」と呼ばれ、トイレや廊下など共用部分を含んでいる。そのため、専有部分の実面積はセミグロスの85〜90%程度となる。
賃料やサービスチャージの計算は全てセミグロスの面積によって算出される。
【中途解約】
賃貸契約の中途解約は基本的に認められない。やむを得ず、契約期間中に解約する場合は違約金が発生する。
【契約期間】
一般賃貸オフィスの契約期間は概ね2〜3年となっている。
【利用できる時間】
ジャカルタのビルは利用できる時間がそれぞれ決まっている。
規定時間外に利用する際は、あらかじめビル管理会社に申請する。時間外の利用にはエアコン
使用料などを求められるケースもある。

公開された日付: 2016年07月14日
Post in ジャカルタでのオフィス選びのコツ

Related Indonesia Basic Info

JCB の提携先銀行の日本人対応サービス 外国の金融機関とのやりとりはなかなか難しいものです。JCBの提携先銀行であるMaybank Indo
インドネシアの上水道 インドネシアの上水道の整備は依然として遅れています。2009年の資料によると都市部での上水道普及率は
現地法人設立のフロー 現地法人を立ち上げ、事業に取り組むまでに必要な手続きは概ね次の通りです。 1.投資内容について承認
ASEAN共同体構築への課題と期待 東南アジア諸国連合(ASEAN) 加盟10 カ国は2015 年11 月、「ASEAN共同体」を発足さ