金融システムを取り巻く問題点

インドネシアには数多くの金融機関がありますが、少なからず金融システム上に問題点があるようです。
まず、国の規模と比べてリテール銀行部門の規模が小さいことが挙げられます。国内の資金需要に応えきれないため、資金を調達したい企業経営者たちは銀行からの借り入れではなく、親子ローンや内部留保など内部資金を当て込んだり、海外の資金に依存しがちです。また、多くの金融機関は預金残高から見て「小規模」で、上位の銀行以外は国際競争力が低いのが現状です。
加えて、銀行の数(支店数ではなく、法人数)が多いため、当局の規制監督が行き届いていない懸念があり、小規模行ではリスク管理やコーポレートガバナンスになんらかの問題が起きている可能性も否めません。
識者の間では、銀行部門の効率性の低さも指摘されています。現状では貸出金利と預金金利のスプレッドが大きく、その結果、企業の資金調達コストが高止まりしています。

Related Indonesia Basic Info

PT. FURUKAWA ELECTRIC INDONESIA 古河電工インドネシア インドネシアでは、パートナー会社「PT.SUCACO Tbk」(SUPREME CABLE)ブランド
もしテロ事件が目の前で起こったら 近年、世界のさまざまな地域でテロ事件が頻発しています。ジャカルタ中心部て
「内部犯行」を食い止めるために 自社従業員に起因する「内部犯行」を食い止めるために、なんらかのセキュリティ対策を打っておくことが肝要
インドネシアの主な金融機関 インドネシアの金融機関は大きく分けて、民間銀行と政府系銀行の2つに分けられます。預金や利子の条件など