金融システムを取り巻く問題点

インドネシアには数多くの金融機関がありますが、少なからず金融システム上に問題点があるようです。
まず、国の規模と比べてリテール銀行部門の規模が小さいことが挙げられます。国内の資金需要に応えきれないため、資金を調達したい企業経営者たちは銀行からの借り入れではなく、親子ローンや内部留保など内部資金を当て込んだり、海外の資金に依存しがちです。また、多くの金融機関は預金残高から見て「小規模」で、上位の銀行以外は国際競争力が低いのが現状です。
加えて、銀行の数(支店数ではなく、法人数)が多いため、当局の規制監督が行き届いていない懸念があり、小規模行ではリスク管理やコーポレートガバナンスになんらかの問題が起きている可能性も否めません。
識者の間では、銀行部門の効率性の低さも指摘されています。現状では貸出金利と預金金利のスプレッドが大きく、その結果、企業の資金調達コストが高止まりしています。

Related Indonesia Basic Info

WEB マーケティングにどう取り組むか 使い方次第で既存の広告メディアよりも低いコストで高い効果のマーケティング効果を得られる可能性があるW
その他の外資に対する規定 ネガティブ・リスト以外にも、業種ごとに細かな規定が設けています。 例えば、「商業施設の開設」につい
JCB の提携先銀行の日本人対応サービス 外国の金融機関とのやりとりはなかなか難しいものです。JCBの提携先銀行であるMaybank Indo
10 万ドル超のルピアでの外貨購入で許可される取引 1カ月間に1顧客あたり10万ドル相当を超えるルピアによる外貨購入は欄外のような取引に限ると定められて