『ムラーバハ』とは

インドネシアでのイスラム金融では、いくつかあるシャリア法で許された取引形態のうち「ムラーバハ」という方法を取っています。
「ムラーバハ」では、ある財(自動車、住宅、家電など)を、購入した際の原価よりも高い代金によって転売します。イスラム銀行ではこのシャリアの制度を利用し、設備・備品を希望する顧客に代わって購入し、顧客に渡します。購入者は、原価と代金の差額を了解し、差額を転売者(金融機関)の売却益として納得した上で契約が結ばれることが前提となっています。
金融機関は「手数料」を上乗せして分割払いあるいは後払いとします。こうすることによって、銀行は「利子」ではなく、「売却益」として顧客から利益を受けているわけです。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in イスラム金融 , インドネシアで利用する金融機関

Related Indonesia Basic Info

何でも自分スタイルで選べるバリ島で、どんな場所に泊まりたい? バリ島にはホテル、ヴィラ、ロスメンといったさまざまなタイプの宿泊スタイルがあります。予算や気分に合わ
インドネシア人の雇用 企業に対するインドネシア人の採用義務も存在します。現地の法令により、外資100%出資の企業であっても
もしテロ事件が目の前で起こったら 近年、世界のさまざまな地域でテロ事件が頻発しています。ジャカルタ中心部て
オーダーメイドのお土産 ジャカルタにはお土産にもなる雑貨などをオーダーメイドしてくれる「おじさん」や「おばさん」がいます。長