インドネシアの携帯電話事情

インドネシアの人口は2億5000万人ですが、携帯電話の登録ユーザー数は3億人を超えています。これは、携帯電話通信キャリアによって接続が強いところ弱いところがあるためで、多くの人々が場所や用途によって複数のSIMカードや携帯端末を使い分けているのが現状です。

国内には、複数のキャリアがあります。最大手は国営企業テルコム・インドネシア傘下のテルコムセル(Telkomsel)で5割近いシェアを持ちます、次いでXLアクシアタ(AXIATA)、カタール資本が参加したインドサット(Indosat Ooredoo)の2社がそれぞれ15%ほどのシェアを占めています。

こ れ ら「 3 大 携 帯 キ ャリ ア」の ほ か 、香 港 の ハ チ ソ ン(Hutchison)テレコムの「3(インドネシアではTri)」、前述のXLアクシアタ傘下の「AXIS」などカバーエリアは狭いものの通話料が安いと言われるキャリアがあります。

普 及して い るプリペイドSIMカードの例

テルコムセル…simPATI、Kartu As, XLアクシアタ…Akrab、Banyak、Kapan Aja、Serbuインドサット…Mentari Ooredoo、IM3 Ooredoo

携帯電話ショップ

携帯電話ショップ

公開された日付: 2016年07月15日
Post in 携帯電話とモバイルルーターの利用 , 生活

Related Indonesia Basic Info

Amazonの越境通販を利用する 日本のAmazonでは、海外向け発送を請け負っています。送料は1冊目がやや高めですが、同梱送付の場合
ジャカルタでの医療ケア ジャカルタの医療水準についてはインドネシアの中で最も進んでいるといえます。さらに、日本人在住者向けの
ジャカルタでの歯科治療 内科などのクリニックと同様、ジャカルタには日本語での対応が得られる歯科が複数あります。これは、内科・
ジャワ島を走る長距離列車 インドネシアの中でジャワ島にのみ長距離鉄道網が敷かれています。飛行機の旅でなく、あえて汽車